今日もガクリ('A`)
きっと明日もまたガクリ?('A`)
2018 / 11
« «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 
Microsoft Update カタログ サイトから情報取得スクリプト Version 0.2.1

概要

Microsoft Update カタログ サイトが Internet Explorer の ActiveX の呪いから開放され、私が使用してる UA Firefox Quantum でもアクセスできるようになったので、ナレッジベース番号(以下、KB番号 と称します) リストを元に情報を取得する PHP スクリプトを作りました

前提動作環境

  • PHP 5.6.37 が動作する事。必要な extension は以下の通りです。7.x 系では確認していません
    • php_mbstring.dll
    • php_exif.dll
    • php_pdo_sqlite.dll
    多分、上記3つの extension があれば動作すると思います…
  • Firefox で Microsoft Update カタログ サイト をアクセスし、Firefox ユーザープロファイルに cookies.sqlite ファイルがある事。つまり、スクリプト内で Cookie を取得するのに、Firefox のユーザープロファイルにある cookies.sqlite から Cookie を取得している為です

制限事項

  • 実際に Microsoft Update カタログ サイトから 更新プログラムをダウンロードするものではありません。当初はこれを前提として考えていましたが、Microsoft Update カタログ サイト 自体が IIS とかいうどうしようもなく遅い Web サーバーで運用されている以上、更新プログラムをダウンロードできる URI を出力するという方向に切り換えました
  • 検索結果が複数ページの際は最初のページが検索対象となります。全てのページから情報を取得して、絞込み検索を行い…と、技術的には可能ですが Microsoft Update カタログ サイト 自体が遅いのと検索結果の次ページを取得するのに POST メソッドを使用しているのですが、Firefox の ウェブコンソールを見て渡しているデータを見て(今は)やる気なくなりました('A`)

ダウンロードとインストール

ようやくまともな形に仕上がったので、正式リリースします。以下のファイルをダウンロードし、適当なディレクトリに解凍します

内容

  • MicrosoftUpdateSearch.php
    スクリプト本体
  • MicrosoftUpdateSearch.ini
    設定ファイル
  • MicrosoftUpdateSearch.h.txt
    HTTP リクエストする際の追加ヘッダーを記述しておくファイル
  • MicrosoftUpdateSearch.List.txt
    実際に情報を取得したい KB番号 を記述したファイル。ファイル名は任意に指定できます

MicrosoftUpdateSearch.h.txt

このファイルはスクリプト本体(MicrosoftUpdateSearch.php) と同じディレクトリに置いておく必要があります

User-Agent: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Win64; x64; rv:61.0) Gecko/20100101 Firefox/61.0
Accept-Language: ja,en;q=0.7,en-US;q=0.3
DNT: 1

このファイルの内容そのものが HTTP リクエストする際のヘッダーとして追加されます。ファイル形式は UTF-8, LF(改行), BOM 無しが望ましいです

MicrosoftUpdateSearch.ini

このファイルはスクリプト本体(MicrosoftUpdateSearch.php) と同じディレクトリに置いておく必要があります

; 初期設定ファイル
;   このファイルは MicrosoftUpdateSearch.php と同じディレクトリある必要があります
;   行頭 ; で始まる行、空行は無視されます
;   設定されるパラメーター名は大文字小文字区別されます

; Microsoft Update カタログ サイト設定
URI          = 'https://www.catalog.update.microsoft.com/'
Serach_URI   = 'https://www.catalog.update.microsoft.com/Search.aspx'
Detail_URI   = 'https://www.catalog.update.microsoft.com/ScopedViewInline.aspx?updateid='
Download_URI = 'https://www.catalog.update.microsoft.com/DownloadDialog.aspx'

; 検索語(主にKB番号) に付与する接尾語
Search_Sufix = ' Windows 7 x64'

; 検索結果を絞り込む為の除外リスト
;   評価優先順位は左から右
;   否定を指定する場合は接頭語に ! を付与する
;   複数指定する場合は , で区切る
;
;   下記の例と言うと、Embedded を含む検索結果は除外され、
;   次に Windows 7 を含まない検索結果が除外されます
Search_ExcludeList = 'Embedded','!Windows 7'

; ログファイルの設定
LogFile = 'MictosoftUpdateSearch.' . date( 'Y-m-d_His' ) . '.log'

; コンソール出力するかどうかの設定 On ならば、コンソール出力される
LogEcho = On

; コンソール出力する際の文字エンコーディング
LogEchoEncode = 'SJIS'

; ログファイルに出力する際の文字エンコーディング
LogFileEncode = 'UTF-8'

; 個々のダウンロード URI に対するログ出力追加オプション
;   使用できる変数は以下に示します
;     $n             改行(0x0d)
;     $KB            ナレッジベース番号(KB番号)
;     $Date          最終更新日時
;     $Title         タイトル
;     $Product       製品
;     $Category      分類
;     $Version       バージョン
;     $Detail_URI    詳細取得先 URI
;     $Description   概要
;     $Detail        詳細
;     $Download_URI  更新プログラムの URI
LogOutOptions = '    <a href="$Download_URI" title="$Detail">$KB</a>$n','    <tr><td><a href="$Download_URI" title="$Detail">$KB</a></td><td>$Detail</td></tr>$n$n'

; ナレッジベース番号(KB番号) を記述したファイル
KB_ListFile = 'MicrosoftUpdateSearch.List.txt'

KB番号 リストファイル

; ナレッジベース番号(KB番号) を記述したファイル
;   このファイルはスクリプトを動かすディレクトリに置きます
;   行頭 ; で始まる行、空行は無視されます

; 複数にまたがって記述する際は以下の様に記述します
KB890830,
KB4344152,
KB4343900',

; 単一行で記述する場合は以下の様に記述します
; , 文字で区切ります
KB2990941,KB3087873,KB2533552,KB2534366,KB2670838,KB2732059,KB2773072,KB2834140

To Do

今後の修正予定です

  • __construct 部分で初期化している変数を外部のファイルから取り込む
  • コマンドラインパラメーター $_SERVER['argv'] を有効活用する様にする
internet, PC, PHP, software, Windowsno commentsno trackbacks(181)
Asmedia, Realtek の最新ドライバーはどこじゃろな?

私が PC で使用しているマザーボードはほぼ例外なく ROG を使っているんですが、チップセット管理外の SATA USB オンボードサウンド 等の最新ドライバーを置いてあるサイトの紹介です

マザーボード製造メーカーの Web サイトのスペックを見るとチップセット管理外のデバイスが使われているか確認します。以下の画像の水色の線で示している所がそうです

マザーボードスペック抜粋
マザーボードスペック抜粋

AMD Intel 等のサイトでは最新ドライバーが配布されていますが、何故か Asmedia, Realtek のサイトではドライバー配布を行っていません。なので、マザーボード購入時に付属品としてついてくるサポート CD/DVD メディア、もしくはサイトのサポートページからダウンロードできますが、Windows 8.1, Windows 10 等の地雷 OS を使ってる場合、前述の Asmedia 等のドライバーが OS に統合されている状態なので、最新のネィティブドライバーがインストールされません。また、その理由からサイトのサポートページからドライバーがダウンロードできない場合があります。例えば Asmedia USB Conrtoller が 3.1 ではなく 3.0 がインストールされてしまうという不具合があります

探す方法としては…

  • 同メーカーの他の製品のサポートページから探す
  • 他メーカーの他の製品のサポートページから探す
  • Web 検索で探す

以上の方法だと効率が悪いですね…時間的コストも馬鹿になりません。そこで紹介するのが Station-Drivers という著名なサイトです。以下、Asmedia の SATA USB ドライバーをダウンロードする手順を紹介していきます

www.station-drivers.com
www.station-drivers.com - サイトトップ
  1. サイト上部にあるメニューバーの DRIVERS を選択すると、下記画像のようにベンダー一覧が表示されますので Asmedia を選択します
    www.station-drivers.com
  2. 先ずは、USB ドライバーをダウンロードするので ASM-1041/1042/107x USB3 Controllers を選択します
    www.station-drivers.com
  3. そして、Drivers を選択します
    www.station-drivers.com
  4. Submit Date を選択して、新しい順にソート表示します。(下記画像では何故か、最新バージョンは4番目になっています。水色の枠で囲っている部分) すると過去のバージョンの含んだ一覧が表示されます。本記事執筆時点での最新バージョンは Asmedia ASM-1x4x/2x4x/3x4x/107x Drivers Version 1.16.51.1 WHQL となっています
    www.station-drivers.com
  5. 下記画像の上部の Download を選択してダウンロードします。ダウンロードされるファイルは 7-zip 自己解凍ファイルです。以上で、Asmedia の USB コントローラードライバーの最新バージョンを取得できました
    www.station-drivers.com
  6. 上記手順を繰り返す事によって、他のプロダクト、他ベンダーのドライバーをダウンロードします

私個人が必要と思われるドライバーダウンロードページをリンクを下記に示しておきます

PC, software, Windowsno commentsno trackbacks(104)
KB3125574 更新プログラムのインストール

KB3125574 更新プログラムのインストール前にやっておく準備として、以下の表に示す更新プログラムを適用させておく必要があります

KB 番号内容
KB2534366Windows 7 SP1 または Windows Server 2008 R2 SP1 をインストールするときに "0xC000009A" エラー メッセージが表示される
KB2533552Windows 7 SP1、Windows Server 2008 R2 SP1、または Windows Embedded Standard 7 SP1 をインストールしたときに "0xC0000034" エラー メッセージが表示されるのを防ぐ更新プログラムを利用できます
KB3020369Windows 7 および Windows Server 2008 R2 のサービス スタック更新プログラム (2015 年 4 月)
KB3138612Windows 7 と Windows Server 2008 R2 の Windows Update クライアント: 2016年 3 月
KB43438992018 年 8 月 15 日 — KB4343899 (セキュリティのみの更新プログラム)
必要な以下の2つを含みます

KB3145739
[MS16-039] Windows Graphics コンポーネントのセキュリティ更新プログラムについて (2016 年 4 月 12 日)
KB3153199
[MS16-062] Windows カーネルモード ドライバー用のセキュリティ更新プログラムについて (2016 年 5 月 10 日)
KB3125574 インストール前に必要な更新プログラム一覧

手動で更新プログラムを一つ一つインストールするのは面倒なので、Win Toolkit で統合する前に install.wim に対して DISM コマンドで適用させます…が、しかし!! 何故か KB2533552 の適用が失敗します

PC, software, Windowsno commentsno trackbacks(84)
2018/10 版 - Windows 7 SP1 x64 Win Toolkit によるインストール USB メモリの作成
Windows 7 SP1 Ultimate x64 インストール USB メモリ
Windows 7 SP1 Ultimate x64 インストール USB メモリ

Win Toolkit によるインストールイメージの作成です。本記事の前提条件として、当然ながら Win Toolkit が使える事と、インストールイメージやメディア(ISO USB) の作成方法が解る事と以下に示す記事で作成した boot.wiminstall.wim と DISM バージョン 6.3.9600.17029 を使用している事です

Win Toolkit で使用したプリセット

以下にインストール動作確認済みの Win Toolkit のプリセットファイルの内容を示します

*AIO|v1.6.0.10|2018-10-10_14-06-PM
#Options
Compatibility Check
Enable Beep
Enable CMD
Failed Updates to Silent Installers
Force Unsigned
Integrate 'HDC' Drivers (boot.wim)
Integrate 'SCSIADAPTER' Drivers (boot.wim)
Integrate 'SYSTEM' Drivers (boot.wim)
Integrate 'USB' Drivers (boot.wim)
Move Known Problem Updates to Silent Installers
Prepare Drivers
Prompt Addons
Prompt Drivers
Prompt Gadgets
Prompt Silent
Prompt Themes
Prompt Updates
Prompt Wallpapers
Rebuild Image
Remove Invalid Drivers
Retry Updates
Show Duplicates
#Addons
D:\WI\W7x64\etc\Icon_Shortcut_Registry_2018-10-10.WA
#Drivers
D:\WI\W7x64\drivers\2_AMD_ChipSet\18.10_0830\AMDPSP\W764A\amdpsp.inf
D:\WI\W7x64\drivers\2_AMD_ChipSet\18.10_0830\SBDrv\Bolton\USB30\amdhub\W764A\amdhub30.inf
D:\WI\W7x64\drivers\2_AMD_ChipSet\18.10_0830\SBDrv\Bolton\USB30\amdxhc\W764A\amdxhc.inf
D:\WI\W7x64\drivers\2_AMD_ChipSet\18.10_0830\SBDrv\eMMC4.5.1\W764A\stormmc.inf
D:\WI\W7x64\drivers\2_AMD_ChipSet\18.10_0830\SBDrv\Errata\W764A\AMDeFix.inf
D:\WI\W7x64\drivers\2_AMD_ChipSet\18.10_0830\SBDrv\Filter\IOV\W764A\AmdIOV.inf
D:\WI\W7x64\drivers\2_AMD_ChipSet\18.10_0830\SBDrv\GPIO\W764A\amdgpio2.inf
D:\WI\W7x64\drivers\2_AMD_ChipSet\18.10_0830\SBDrv\hseries\AHCI\W764A\amd_sata.inf
D:\WI\W7x64\drivers\2_AMD_ChipSet\18.10_0830\SBDrv\hseries\CIR\W764A\AMDCIR.inf
D:\WI\W7x64\drivers\2_AMD_ChipSet\18.10_0830\SBDrv\hseries\MINI_IDE\W764A\amdhdc.inf
D:\WI\W7x64\drivers\2_AMD_ChipSet\18.10_0830\SBDrv\hseries\USB30\amdhub\W764A\amdhub30.inf
D:\WI\W7x64\drivers\2_AMD_ChipSet\18.10_0830\SBDrv\hseries\USB30\amdxhc\W764A\amdxhc.inf
D:\WI\W7x64\drivers\2_AMD_ChipSet\18.10_0830\SBDrv\hseries\UsbFilter\W764A\USBFilter.inf
D:\WI\W7x64\drivers\2_AMD_ChipSet\18.10_0830\SBDrv\I2C\W764A\amdi2c.inf
D:\WI\W7x64\drivers\2_AMD_ChipSet\18.10_0830\SBDrv\PCI_INF\W764A\AMDPCIDev.inf
D:\WI\W7x64\drivers\2_AMD_ChipSet\18.10_0830\SBDrv\SB7xx\CIR\W764A\AmdCIR.inf
D:\WI\W7x64\drivers\2_AMD_ChipSet\18.10_0830\SBDrv\SB8xx\CIR\W764A\AmdCIR.inf
D:\WI\W7x64\drivers\2_AMD_ChipSet\18.10_0830\SBDrv\SB8xx\UsbFilter\W764A\USBFilter.inf
D:\WI\W7x64\drivers\2_AMD_ChipSet\18.10_0830\SBDrv\SMBus\W764A\SMBUSamd.inf
D:\WI\W7x64\drivers\2_AMD_ChipSet\18.10_0830\SBDrv\USB30_ZP\amdhub\W764A\amdhub3.inf
D:\WI\W7x64\drivers\2_AMD_ChipSet\18.10_0830\SBDrv\USB30_ZP\amdxhc\W764A\amdxhc.inf
D:\WI\W7x64\drivers\2_AMD_ChipSet\18.10_0830\SBDrv\USB31_PT\amdhub\W764A\amdhub31.inf
D:\WI\W7x64\drivers\2_AMD_ChipSet\18.10_0830\SBDrv\USB31_PT\amdxhc\W764A\amdxhc31.inf
D:\WI\W7x64\drivers\Asmedia.ASM106x_3.2.3.0000\scsi\amd64\asahci64.inf
D:\WI\W7x64\drivers\Asmedia.ASM106x_3.2.3.0000\stor\amd64\asstor64.inf
D:\WI\W7x64\drivers\asmedia_usb3x_1.16.54.1\asmthub3.inf
D:\WI\W7x64\drivers\asmedia_usb3x_1.16.54.1\asmtxhci.inf
D:\WI\W7x64\drivers\5_LAN\23.2\APPS\PROSETDX\Winx64Legacy\DRIVERS\ansmw60e.inf
D:\WI\W7x64\drivers\5_LAN\23.2\APPS\PROSETDX\Winx64Legacy\DRIVERS\anspw60e.inf
D:\WI\W7x64\drivers\5_LAN\23.2\APPS\PROSETDX\Winx64Legacy\DRIVERS\ifcoemp.inf
D:\WI\W7x64\drivers\5_LAN\23.2\APPS\PROSETDX\Winx64Legacy\DRIVERS\ifcoepr.inf
D:\WI\W7x64\drivers\5_LAN\23.2\APPS\PROSETDX\Winx64Legacy\DRIVERS\ifcoevb.inf
D:\WI\W7x64\drivers\5_LAN\23.2\APPS\PROSETDX\Winx64Legacy\DRIVERS\ilp60x64.inf
D:\WI\W7x64\drivers\5_LAN\23.2\APPS\PROSETDX\Winx64Legacy\DRIVERS\iqvw64e.inf
D:\WI\W7x64\drivers\5_LAN\23.2\PRO100\Winx64\NDIS62\fei62x64.INF
D:\WI\W7x64\drivers\5_LAN\23.2\PRO1000\Winx64\NDIS62\e1c62x64.inf
D:\WI\W7x64\drivers\5_LAN\23.2\PRO1000\Winx64\NDIS62\e1d62x64.inf
D:\WI\W7x64\drivers\5_LAN\23.2\PRO1000\Winx64\NDIS62\e1e6232e.inf
D:\WI\W7x64\drivers\5_LAN\23.2\PRO1000\Winx64\NDIS62\e1k62x64.inf
D:\WI\W7x64\drivers\5_LAN\23.2\PRO1000\Winx64\NDIS62\e1q62x64.inf
D:\WI\W7x64\drivers\5_LAN\23.2\PRO1000\Winx64\NDIS62\e1r62x64.inf
D:\WI\W7x64\drivers\5_LAN\23.2\PRO1000\Winx64\NDIS62\e1s62x64.inf
D:\WI\W7x64\drivers\5_LAN\23.2\PRO1000\Winx64\NDIS62\e1y62x64.inf
D:\WI\W7x64\drivers\5_LAN\23.2\PRO1000\Winx64\NDIS62\v1q62x64.inf
D:\WI\W7x64\drivers\5_LAN\23.2\PRO40GB\Winx64\NDIS62\i40ea62.inf
D:\WI\W7x64\drivers\5_LAN\23.2\PRO40GB\Winx64\NDIS62\i40eb62.inf
D:\WI\W7x64\drivers\5_LAN\23.2\PROXGB\Winx64\NDIS62\ixe62x64.inf
D:\WI\W7x64\drivers\5_LAN\23.2\PROXGB\Winx64\NDIS62\ixn62x64.inf
D:\WI\W7x64\drivers\5_LAN\23.2\PROXGB\Winx64\NDIS62\ixs62x64.inf
D:\WI\W7x64\drivers\5_LAN\23.2\PROXGB\Winx64\NDIS62\ixt62x64.inf
D:\WI\W7x64\drivers\5_LAN\23.2\PROXGB\Winx64\NDIS62\sxb62x64.inf
D:\WI\W7x64\drivers\5_LAN\23.2\PROXGB\Winx64\NDIS62\vxn62x64.inf
D:\WI\W7x64\drivers\5_LAN\23.2\PROXGB\Winx64\NDIS62\vxs62x64.inf
D:\WI\W7x64\drivers\4_Display\EV2436WINF_W\EV2436W.inf
#Files
ASUS_ROG_White_Blue_128x128.bmp::D:\WI\W7x64\etc\uap\ASUS_ROG_White_Blue_128x128.bmp;%SystemDrive%\Users\All Users\Microsoft\User Account Pictures\Default Pictures\ASUS_ROG_White_Blue_128x128.bmp;True
Moe_128x128.bmp::D:\WI\W7x64\etc\uap\Moe_128x128.bmp;%SystemDrive%\Users\All Users\Microsoft\User Account Pictures\Default Pictures\Moe_128x128.bmp;True
Nymph.bmp::D:\WI\W7x64\etc\uap\Nymph.bmp;%SystemDrive%\Users\All Users\Microsoft\User Account Pictures\Default Pictures\Nymph.bmp;True
UNI.bmp::D:\WI\W7x64\etc\uap\UNI.bmp;%SystemDrive%\Users\All Users\Microsoft\User Account Pictures\Default Pictures\UNI.bmp;True
#Services
Security Center::Manual
Superfetch::Disabled
Windows Defender::Disabled
Windows Driver Foundation (User-mode Driver Framework)::Automatic
Windows Firewall::Manual
Windows Search::Manual
Windows Time::Automatic
#Silent Installs
RunOnce_20180825::;NO;4.62 KB;D:\WI\W7x64\etc\RunOnce_20180825.cmd;Always Installed
mpas-feX64::;NO;15.58 MB;D:\WI\W7x64\updates\mpas-feX64.exe;Always Installed
DXSETUP Jun2010::/silent;YES;98.39 MB;D:\WI\_components\DirectX\DXSETUP.exe;Always Installed
KB890830-x64-v5.65::/q /n /z;NO;45.85 MB;D:\WI\W7x64\msu\KB890830-x64-v5.65.exe;Always Installed
KB3046269::N/A (Not Needed);NO;202.33 KB;D:\WI\W7x64\msu\KB3046269-x64.msu;Always Installed
KB3177467-v2-x64::N/A (Not Needed);NO;9.10 MB;D:\WI\W7x64\msu\KB3177467-v2-x64.msu;Always Installed
VisualCppRedist_AIO_x86_x64::/aiC;NO;28.69 MB;D:\WI\_components\VC\VisualCppRedist_AIO_x86_x64.exe;Always Installed
NDP472-KB4054541-x86-x64-enu::/passive /norestart;NO;50.84 MB;D:\WI\_components\dotnet\4.7.2\NDP472-KB4054541-x86-x64-enu.exe;Always Installed
NDP472-KB4087364-x64::/passive /norestart;NO;11.68 MB;D:\WI\_components\dotnet\4.7.2\NDP472-KB4087364-x64.exe;Always Installed
NDP472-KB4054530-x86-x64-allos-jpn::/passive /norestart;NO;5.39 MB;D:\WI\_components\dotnet\4.7.2\NDP472-KB4054530-x86-x64-allos-jpn.exe;Always Installed
NDP46-KB4457016-x64::/passive /norestart;NO;40.91 MB;D:\WI\_components\dotnet\4.7.2\NDP46-KB4457016-x64.exe;Always Installed
Silverlight_x64_2017-06-07::/Q;NO;12.55 MB;D:\WI\_components\Silverlight\Silverlight_x64_2017-06-07.exe;Always Installed
Silverlight_2017-06-07::/Q;NO;6.70 MB;D:\WI\_components\Silverlight\Silverlight_2017-06-07.exe;Always Installed
Windows Management Framework 5.1::N/A (Not Needed);YES;64.92 MB;D:\WI\_components\WMF5.0\Win7AndW2K8R2-KB3191566-x64.msu;Always Installed
IE11-Windows6.1-x64-ja-jp::/update-no /passive /norestart;NO;54.74 MB;D:\WI\W7x64\msu\IE11\IE11-Windows6.1-x64-ja-jp.exe;Always Installed
IE11-KB3185319-x64::N/A (Not Needed);NO;52.17 MB;D:\WI\W7x64\msu\IE11\IE11-KB3185319-x64.msu;Always Installed
install_flash_player_31.0.0.122::-install;NO;20.31 MB;D:\WI\W7x64\etc\software\Adobe\install_flash_player_31.0.0.122.exe;Always Installed
install_flash_player_ax_31.0.0.122::-install;NO;19.81 MB;D:\WI\W7x64\etc\software\Adobe\install_flash_player_ax_31.0.0.122.exe;Always Installed
AcroRdrDC1900820071_ja_JP::/sPB;NO;164.28 MB;D:\WI\W7x64\etc\software\Adobe\AcroRdrDC1900820071_ja_JP.exe;Always Installed
JRE Version 8 Update 181 (i586)::/s SPONSORS=0 REMOVEOUTOFDATEJRES=1;NO;61.55 MB;D:\WI\W7x64\etc\software\Java\jre-8u181-windows-i586.exe;Always Installed
JRE Version 8 Update 181 (x64)::/s SPONSORS=0 REMOVEOUTOFDATEJRES=1;NO;68.47 MB;D:\WI\W7x64\etc\software\Java\jre-8u181-windows-x64.exe;Always Installed
#Theme Packs
D:\WI\W7x64\etc\Themes\SlanXP2 Basic.theme
D:\WI\W7x64\etc\Themes\SlanXP2.theme
#Tweaks
Remove the Action Center icon
Small Taskbar Icons
Unlock the taskbar
Control Panel View::Small Icons
Disable 8.3 Name Creation
Disable Drive Autorun
Disable Last File Access Timestamp
Disable Thumbnail Cache
Launch Folder Windows in a Separate Process
Remove 'HomeGroup' from Explorer
Remove 'Libraries' from Explorer
Show All Icons on System Tray
Show Drive Letters First
Show Explorer Statusbar
Show File Extensions
Show Hidden Files & Folders
Show System Files
Show Notepad Statusbar
Word Wrap in Notepad
Always Show Menu Bar
IE Homepage::https://www.catalog.update.microsoft.com/
Disable User Account Control
Always Unload DLLs
Disable Automatic Restart on BSOD
Disable Hibernation
Disable Prefetch
Disable Superfetch
Disable Window 7 built-in CD/DVD Burning
#Updates
D:\WI\W7x64\msu\IE\KB2547666-x64.msu
D:\WI\W7x64\msu\IE\KB2545698-x64.msu
D:\WI\W7x64\msu\KB2667402-v2-x64.msu
D:\WI\W7x64\msu\KB2676562-x64.msu
D:\WI\W7x64\msu\KB2698365-x64.msu
D:\WI\W7x64\msu\KB2706045-x64.msu
D:\WI\W7x64\msu\UMF\KB2685811-x64.msu
D:\WI\W7x64\msu\UMF\KB2685813-x64.msu
D:\WI\W7x64\msu\KB2729094-v2-x64.msu
D:\WI\W7x64\msu\KB2761217-x64.msu
D:\WI\W7x64\msu\KB2750841-x64.msu
D:\WI\W7x64\msu\KB2592687-x64.msu
D:\WI\W7x64\msu\RDP\KB2574819-v2-x64.msu
D:\WI\W7x64\msu\RDP\KB2857650-x64.msu
D:\WI\W7x64\msu\KB2813347-x64.msu
D:\WI\W7x64\msu\RDP\KB2830477-x64.msu
D:\WI\W7x64\msu\NDP\KB2894844-x64.msu
D:\WI\W7x64\msu\KB2900986-x64.msu
D:\WI\W7x64\msu\KB2862330-v2-x64.msu
D:\WI\W7x64\msu\RDP\KB2923545-x64.msu
D:\WI\W7x64\msu\RDP\KB2965788-x64.msu
D:\WI\W7x64\msu\RDP\KB2984976-x64.msu
D:\WI\W7x64\msu\KB2984972-x64.msu
D:\WI\W7x64\msu\KB3004375-v3-x64.msu
D:\WI\W7x64\msu\RDP\KB3020388-x64.msu
D:\WI\W7x64\msu\KB3031432-x64.msu
D:\WI\W7x64\msu\KB3059317-x64.msu
D:\WI\W7x64\msu\RDP\KB3075226-x64.msu
D:\WI\W7x64\msu\KB3123479-x64.msu
D:\WI\W7x64\msu\RDP\KB3126446-x64.msu
D:\WI\W7x64\msu\KB3138612-x64.msu
D:\WI\W7x64\msu\KB3155178-x64.msu
D:\WI\W7x64\msu\KB3156019-x64.msu
D:\WI\W7x64\msu\KB3156016-x64.msu
D:\WI\W7x64\msu\KB3150220-x64.msu
D:\WI\W7x64\msu\KB3150513-x64.msu
D:\WI\W7x64\msu\KB3161949-x64.msu
D:\WI\W7x64\msu\KB3159398-x64.msu
D:\WI\W7x64\msu\KB3170735-x64.msu
D:\WI\W7x64\msu\KB3179573-x64.msu
D:\WI\W7x64\msu\KB3161102-x64.msu
D:\WI\W7x64\msu\KB3172605-x64.msu
D:\WI\W7x64\msu\KB3184143-x64.msu
D:\WI\W7x64\msu\NDP\KB4040980-x64.msu
D:\WI\W7x64\msu\Rollup\KB4041678-x64.msu
D:\WI\W7x64\msu\NDP\KB4338423-x64.msu
D:\WI\W7x64\msu\NDP\KB4457044-x64.msu
D:\WI\W7x64\msu\NDP\KB4457008-x64.msu
#Wallpapers
\\Aquarius\cg\wallpaper\hamakaze_66498984_p0.png
\\Aquarius\cg\wallpaper\hamakaze_66498984_p0_6.png

Updates

Win Toolkit の All-In-One Integrator > Basic > Updates + Languages の一覧です。上記プリセットで言う所の #Updates の部分です。下記に示す表で背景色がこの色で示してる部分は、KB3125574 で置き換わるはずなのに、何故か Windows Update の更新プログラムの確認 で出てきてしまいますので Win Toolkit で統合してしまいます。原因は Windows 7 のオプションコンポーネントか、手動インストールではなく、KB3125574 と Windows Update カタログ関係も一緒に install.wim に統合してしまってる事のどちらかが原因と思います

KB 番号内容
KB2545698Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7、または Windows Server 2008 R2 を搭載しているコンピューター上の Internet Explorer 9 で一部のコア フォントのテキストがぼやけて表示される
KB2547666You cannot delete long URLs from the browsing history in Internet Explorer on a computer that is running Windows 7 or Windows Server 2008 R2
KB2592687Windows 7 および Windows Server 2008 R2 のリモート デスクトップ プロトコル 8.0 の更新プログラム
KB2667402[MS12-020] ターミナル サーバーのサービス拒否の脆弱性に対するセキュリティ更新プログラム (2012 年 3 月 13 日) について
KB2676562[MS12-034] Windows カーネル モード ドライバー セキュリティ更新プログラム (2012 年 5 月 8 日) について
KB2685811Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7 および Windows Server 2008 R2 のカーネル モード ドライバー フレームワーク バージョン 1.11 を更新します
KB2685813Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7 および Windows Server 2008 R2 のユーザー モード ドライバー フレームワーク バージョン 1.11 の更新
KB2698365[MS12-045] Microsoft Data Access Components の脆弱性により、リモートでコードが実行される (2012 年 7 月 10 日)
KB2706045[MS12-056] JScript および VBScript エンジンの脆弱性によりリモートでコードが実行される (2012 年 8 月 14 日)
KB2729094Windows 7 と Windows Server 2008 R2 での Segoe UI 記号の更新プログラムの提供について
KB2750841Windows 7 および Windows Server 2008 R2 用 IPv6 対応準備更新プログラムについて
KB2761217Windows 7 および Windows Server 2008 R2 に Calibri Light および Calibri Light Italic フォントを追加する更新プログラムについて
KB2813347[MS13-029] リモート デスクトップ接続 7.0 クライアントのセキュリティ更新プログラムについて (2013 年 4 月 9 日)
KB2857650RemoteApp と Desktop Connections 用の更新プログラムが Windows で利用できます
KB2830477RemoteApp と Desktop Connections 用の更新プログラムが Windows で利用できます
KB2862330[MS13-081] USB ドライバーのセキュリティ更新プログラムについて (2013 年 10 月 8 日)
KB2894844Windows 7 Service Pack 1 および Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 用の .NET Framework 3.5.1 のセキュリティ更新プログラムについて (2013 年 12 月 10 日)
KB2900986[MS13-090] ActiveX Kill Bits 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (2013 年 11 月 12 日)
KB2923545Windows 7 SP1 向け RDP 8.1 用の更新プログラムが利用できます
KB2965788[MS14-030] Windows のリモート デスクトップ セキュリティ リリース用セキュリティ更新プログラムについて (2014 年 6 月 10 日)
KB2984972Windows 7 と Windows Server 2008 R2 への制限付き管理ログオンをサポートする RDC 7.1 の更新プログラム
KB2984976Windows 7 または Windows Server 2008 R2 の制限付き管理のための RDP 8.0 更新プログラム
KB3004375マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ: Windows コマンド ライン監査の更新プログラム (2015 年 2 月 10 日)
KB3020388[MS15-004] リモート デスクトップ接続 8.1 クライアントの更新プログラムがインストールされている場合の Windows 7 および Windows Server 2008 R2 のセキュリティ更新プログラムについて (2015 年 1 月 13 日)
KB3031432[MS15-015] Microsoft Windows の脆弱性により、特権が昇格される (2015 年 2 月 10 日)
KB3059317[MS15-060] Microsoft 共通コントロールの脆弱性により、リモートでコードが実行される (2015 年 6 月 9 日)
KB3075226[MS15-082] Windows の RDP のセキュリティ更新プログラムについて (2015 年 8 月 11 日)
KB3123479マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ: マイクロソフト ルート証明書プログラムでの SHA-1 ハッシュ アルゴリズムの廃止 (2016 年 1 月 12 日)
KB3126446[MS16-017] リモート デスクトップ ディスプレイ ドライバーのセキュリティ更新プログラムについて (2016 年 2 月 9 日)
KB3138612Windows 7 と Windows Server 2008 R2 の Windows Update クライアント: 2016年 3 月
KB3150220[MS16-059] Windows Media Center のセキュリティ更新プログラム (2016 年 5 月 10 日)
KB3150513最新の互換性の定義は、Windows を更新します
KB3155178[MS16-056] Windows ジャーナル用のセキュリティ更新プログラムについて(2016 年 5 月 10 日)
KB3156016[MS16-055] Microsoft Graphics コンポーネント用のセキュリティ更新プログラムについて (2016 年 5 月 10 日)
KB3156019[MS16-055] Microsoft Graphics コンポーネント用のセキュリティ更新プログラムについて (2016 年 5 月 10 日)
KB3159398[MS16-072] グループ ポリシーのセキュリティ更新プログラムについて (2016 年 6 月 14 日)
KB3161102Windows Journal コンポーネントの削除に関する更新プログラム
KB3161949[MS16-077] WPAD のセキュリティ更新プログラムについて (2016 年 6 月 14 日)
KB3170735Windows Journal の 2016年 7 月更新
KB31726052016年 7 月 Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 SP1 の更新プログラムのロールアップ
KB3179573Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 SP1 の更新プログラムのロールアップ (2016 年 8 月)
KB3184143Windows 10 の無料アップグレード提供に関連したソフトウェアを削除する
KB4019990Windows Server 2012 の、Windows 7 および Windows Server 2008 R2 上の d3dcompiler_47.dll コンポーネント用の更新プログラム
KB4040980Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 SP1 用の .NET Framework 3.5.1 のセキュリティおよび品質ロールアップ (KB4040980)
KB40416782018 年 8 月 15 日 &mdash; KB4343899 (セキュリティのみの更新プログラム)
KB2574819Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 SP1 に DTLS のサポートを追加する更新プログラムが利用可能です
KB4338423Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 SP1 用の .NET Framework 3.5.1 のセキュリティと品質ロールアップ更新プログラムについて (KB4338423)
KB4457044Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 SP1 用の .NET Framework 3.5.1 のセキュリティと品質ロールアップについて (KB4457044)
表. Updates + Languages 一覧

上記の表の作成には、Microsoft Update カタログ が IE の ActiveX の呪いから開放され、他の UA でもアクセスできるようになったので PHP スクリプトで作成しました。後日このスクリプトの公開と解説を記事に致します

Silent Install

プログラム名ファイル名パラメーター
RunOnce_20180825RunOnce_20180825.cmd無し
Windows Defender 定義ファイルmpas-feX64.exe無し
DXSETUP Jun2010DXSETUP.exe/silent
Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツールKB890830-x64-v5.63.exe/q /n /z
KB3046269KB3046269-x64.msu無し
KB3177467KB3177467-x64.msu無し
Microsoft Visual 2005-2017 B/C++ Redistributable x86/x64VisualCppRedist_AIO_x86_x64.exe/aiC
.NET Framework 4.7.2 本体NDP472-KB4054541-x86-x64-enu.exe/passive /norestart
.NET Framework 4.7.2 更新プログラムNDP472-KB4087364-x64.exe/passive /norestart
.NET Framework 4.7.2 言語パックNDP472-KB4054530-x86-x64-allos-jpn.exe/passive /norestart
.NET Framework 4.7.2 のセキュリティおよび品質ロールアップ更新プログラム (KB4457918)NDP46-KB4457035-x64.exe/passive /norestart
ASP.NET MVC 4.0 更新プログラムAspNetMVC4.msi/passive /norestart
Windows Management Framework 5.1Win7AndW2K8R2-KB3191566-x64.msu無し
Internet Explorer 11IE11-Windows6.1-x64-ja-jp.exe/update-no /passive /norestart
Internet Explorer 用のセキュリティ更新プログラムIE11-KB3185319-x64.msu無し
Adobe Flash Playerinstall_flash_player_30.0.0.154.exe-install
Adobe Flash Player (ActiveX)install_flash_player_ax_30.0.0.154.exe-install
Adobe Acrobat Reader DCAcroRdrDC1801120058_ja_JP.exe/sPB
JRE Version 8 Update 181 (i586)jre-8u181-windows-i586.exe/s SPONSORS=0 REMOVEOUTOFDATEJRES=1
JRE Version 8 Update 181 (x64)jre-8u181-windows-x64.exe/s SPONSORS=0 REMOVEOUTOFDATEJRES=1
表. Silent Installs 一覧

上記の表でインストール順によるルールがあります

  • AspNetMVC4.msi のインストールは .NET Framework の後にインストールする事
  • Internet Explorer 11 のインストールは Microsoft 関係の最後にインストールする事

AspNetMVC4 のインストールはやめました。インストール終了後にイベント ビューアに AspNetMVC4 関連の警告やらエラーが出ててウザいと思って、AspNetMVC4 のインストールを Silent Installs に入れてましたが、改善されないので外しました

インストール手順

  1. Win Toolkit で作成したインストールイメージを USB メモリにコピーし、その USB メモリにてインストールを行います。Win Toolkit の Silien Installer が終了し、デスクトップに移ります
  2. 標準 VGA では作業しにくいので、Display Driver をインストールします。インストールが終了しても再起動はしません
  3. 2回目の RunOnce_2nd_Latest.cmd コマンドスクリプトを実行します。このコマンドスクリプト実行によって、以下に示す処理を施しています Win Toolkit の Silient インストール部分で行うように修正しました
  4. PC を再起動します
  5. 電源オプションの電源プランを高パフォーマンスに設定します 参照: Windows 電源オプション をコマンドスクリプトで一括設定
  6. KB2603229 をインストールします
  7. KB3125574 の 2nd フェイズのインストールを行います。インストールが終了したら PC を再起動します
  8. KB4457144 の 2nd フェイズのインストールを行います。これは毎月更新される品質ロールアップなので、インストールが終了したら、PC を再起動します。インストールするコンポーネントにもよりますが、私がテストした環境では2回再起動しました
  9. PC が再起動され、ログオンしたら Windows Update の更新プログラムの確認 を実行します (約3~4分かかります)
  10. 以下に示す KB 番号と一致する Microsoft SPY Ware を右クリック > 非表示にして Windows Update で出てこない様にします
    • KB2952664
    • KB3021917
    • KB3068708
    • KB3080149
  11. 残りは x64 ベース システム用 Windows 7 Service Pack 1 (KB976932) だと思いますが、こいつの正体は KB2533552 なので、インストールします
  12. Windows Update の更新プログラムの確認 を再実行します。更新対象プログラムが出なくなるはずなので終了です

参照

本記事中に使用した Win Toolkit のプリセット、コマンドスクリプトは下記リンクからダウンロードできますので、参考にしてみてください

software, Windowsno commentsno trackbacks(344)
2018/09 版 - Windows 7 のインストールイメージに 定番更新プログラムを適用する

本記事は Windows 7 のインストールイメージ(install.wim) を現時点で置き換えられる事無く、1 定番と言える更新プログラムを WinToolkit での統合インストールイメージ作成前に予め、適用させるコマンドスクリプトの紹介です。要は WinToolkit を動かす前の前準備です。なお、本記事の内容は一部 Windows 7 のインストールイメージに NVMe(M.2 PCI SSD) ネイティブサポートドライバーを適用する この記事と重複する部分があります。なので、DISM を使う為に Windows ADK 8.1 のインストール この記事を参照して、DISM が動く事が前提条件となります

適用させる更新プログラムは以下の表に示します

KB 番号内容
KB2990941NVM は、Windows 7 および Windows Server 2008 R2 で高速でネイティブのドライバーのサポートを追加するのにを更新します
KB3087873Windows 7 SP1 または Windows Server 2008 R2 の SP1 の修正プログラム 2990941 をインストールした後に発生する Stop エラーを修正します
KB2533552Windows 7 SP1、Windows Server 2008 R2 SP1、または Windows Embedded Standard 7 SP1 をインストールしたときに "0xC0000034" エラー メッセージが表示されるのを防ぐ更新プログラムを利用できます
KB2534366インストールされている言語パックの数が 10 個を超えるコンピューターに Windows 7 Service Pack 1 (SP1) または Windows 2008 R2 Service Pack 1 (SP1) をインストールすると、コンピューターの画面が黒くなり応答しなくなります。さらに、"0xC000009A" エラー メッセージが表示されます
KB2670838グラフィックス コンポーネントやイメージング コンポーネントのパフォーマンスを最適化する、Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 SP1 用のプラットフォーム更新プログラムについて説明します。この更新プログラムは、特にソフトウェア開発者向けに提供されているものです
KB2732059Describes an issue in which a program that can open an .oxps file is not installed on a computer that is running Windows 7 or Windows Server 2008. After you install the update that is described in this article, you can convert the .oxps file to an .xps file and then open the .xps file by using XPS Viewer.
KB2773072Windows 8 でゲームの評価システムへの変更を反映するように Windows 7 のゲーム規制システムを有効にする更新プログラムについて説明します
KB2834140Windows 7 SP1 または Windows Server 2008 R2 SP1 を搭載しているコンピューターで STOP エラーが発生する問題について説明します。この問題は、コンピューターに更新プログラム 2670838 をインストールした後に発生します
KB2919469カナダの国コードが設定されているない「1」に正しく問題を修正します。この問題は、「地域と言語」の設定で [英語 (カナダ)\"形式を使用して Windows 7 SP1 ベースまたは Windows Server 2008 R2 ベースのコンピューターで発生します
KB2970228Windows 8.1、Windows RT 8.1、Windows Server 2012 R2、Windows 8、Windows RT、Windows Server 2012 の、Windows 7 および Windows Server 2008 R2 の新しいロシア ルーブル記号を有効にする更新プログラムを提供します
KB3006137リトアニアの通貨記号を更新します。これには、リトアニアのユーロ導入が反映されます
KB3020369RODC 上で WMF 4.0 を更新できない問題を修正します。この問題は、Windows Server 2008 R2 を搭載しているコンピューターで発生します
KB3102429アゼルバイジャン マナトとグルジア ラリの通貨記号をサポートする Windows 8.1、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、Windwos 埋め込まれた 8、Windows 7 または Windows Server 2008 R2 の更新プログラムを提供します
KB3125574Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 の SP1 で利用可能な利便性のためのプログラムのロールアップ パッケージについて説明します
KB3138612Windows 更新のクライアントでは、Windows 7 および Windows Server 2008 R2 は、2016年 2 月日にリリースされた更新プログラムについて説明します
KB43438992018 年 8 月 15 日 — KB4343899 (セキュリティのみの更新プログラム)
KB44571442018-09 x64 ベース システム用 Windows 7 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB4457144)
表. instll.wim に適用する更新プログラム一覧

KB2533552 は DISM での統合に失敗しますので、上記の更新プログラムにて install.wim を作成し、Win Toolkit でインストールイメージを作成すれば必要は無いと思われます

以前公開したコマンドスクリプト Install.wim.Update.cmd は新しく作り直しました。以下のファイルをダウンロードします

  • Install.Integrator.cmd
    新しく作り直したコマンドスクリプトです
  • Install.Integrator.List.txt
    Install.Integrator.cmd 内で参照するインストールイメージに統合する更新プログラムのリストファイルです

Install.Integrator.cmd の内容と解説

: /***********************************************************************
:
: Script Name: MictosoftUpdateSearch.php
:
: Description:
:   Integration of install.wim based on Knowledge base (KB) information list file
:
: Creator's Name:
:   Alphaziel
:     alphaziel@alphaziel.info
:     https://blog.alphaziel.info/
:
: Notes:
:
: Status Information:
:   Run:         Windows 7 x64 SP1 Command Prompt
:
: Change Activity:
:    -01 _0._0._1 2018/08/27(Mon) Made to process based on the list file
:    -00 _0._0._0 2018/06/22(Fri) Create.
:
: ***********************************************************************/
@ECHO OFF

SETLOCAL ENABLEEXTENSIONS
SETLOCAL ENABLEDELAYEDEXPANSION

SET WIM=install_2018-08-27.wim
SET WIM_LIST=Install.Integrator.List.txt
SET UPD=D:¥WI¥W7x64¥msu
;
SET IDX=4
SET MNT=C:¥M
SET MNT_RE=H:¥M
SET DISM=DISM /LogPath:"%WIM%.log.txt" /LogLevel:3

SET START_TIME=%DATE% %TIME%

IF NOT EXIST "%WIM%" CALL :NOT_FOUND "%WIM%"
IF NOT EXIST "%WIM_LIST%" CALL :NOT_FOUND "%WIM_LIST%"

IF NOT EXIST "%UPD%" CALL :NOT_FOUND "%UPD%"

IF NOT EXIST "%MNT%" CALL :NOT_FOUND "%MNT%"
IF NOT EXIST "%MNT_RE%" CALL :NOT_FOUND "%MNT_RE%"

SET ERROR=0
FOR /F "eol=; tokens=1,2,3* delims=|||" %%A in (%WIM_LIST%) DO (
  IF NOT EXIST "%UPD%¥%%B" (
    ECHO ファイルがありません - "%UPD%¥%%B" && SET ERROR=1
  ) ELSE (
    ECHO ファイルがありました - "%UPD%¥%%B"
  )
)
IF "%ERROR%" == "1" CALL :NOT_FOUND_UPD

%DISM% /Get-WimInfo /WimFile:"%WIM%"
IF ERRORLEVEL 1 GOTO ERROR
ECHO .
ECHO 統合対象となる Windows 7 のエディションのインデックス番号を確認してください
ECHO インデックス番号は %IDX% です。間違っている場合は、ここで CTRL + C でコマンドスクリプトを終了して、
ECHO コマンドスクリプト内の IDX 変数の値を変更してください
ECHO .
PAUSE

ECHO .
ECHO %WIM% を %MNT% ディレクトリにマウントします
ECHO .
ECHO %DISM% /Mount-Image /ImageFile:"%WIM%" /Index:%IDX% /MountDir:"%MNT%"
%DISM% /Mount-Image /ImageFile:"%WIM%" /Index:%IDX% /MountDir:"%MNT%"
IF ERRORLEVEL 1 GOTO DISM_ERROR
ECHO .

FOR /F "eol=; tokens=1,2,3* delims=|||" %%A in (%WIM_LIST%) DO (
  SET KB=%%A
  IF NOT "!KB:~,1!" == "$" (
    ECHO .
    ECHO %%C
    ECHO .
    ECHO %DISM% /Image:"%MNT%" /Add-Package /PackagePath:"%UPD%¥%%B"
    %DISM% /Image:"%MNT%" /Add-Package /PackagePath:"%UPD%¥%%B"
    IF ERRORLEVEL 1 GOTO DISM_ERROR %MNT%
    ECHO .
  )
)

ECHO .
ECHO %MNT%¥windows¥system32¥recovery¥winRE.wim を %MNT_RE% ディレクトリにマウントします
ECHO .
ECHO %DISM% /Mount-Image /ImageFile:"%MNT%¥windows¥system32¥recovery¥winRE.wim" /Index:1 /MountDir:"%MNT_RE%"
%DISM% /Mount-Image /ImageFile:"%MNT%¥windows¥system32¥recovery¥winRE.wim" /Index:1 /MountDir:"%MNT_RE%"
IF ERRORLEVEL 1 GOTO ERROR

FOR /F "eol=; tokens=1,2,3* delims=|||" %%A in (%WIM_LIST%) DO (
  SET KB=%%A
  IF "!KB:~,1!" == "$" (
    ECHO .
    ECHO %%C
    ECHO .
    ECHO %DISM% /Image:"%MNT%" /Add-Package /PackagePath:"%UPD%¥%%B"
    %DISM% /Image:"%MNT%" /Add-Package /PackagePath:"%UPD%¥%%B"
    IF ERRORLEVEL 1 GOTO DISM_ERROR %MNT_RE%
    ECHO .
  )
)

ECHO .
ECHO パッケージのリストを %WIM%.list.txt に保存
ECHO .
%DISM% /Get-Packages /Image:"%MNT%" > "%WIM%.list.txt"
ECHO .

ECHO %DISM% /Unmount-Wim /MountDir:"%MNT_RE%" /Commit
%DISM% /Unmount-Wim /MountDir:"%MNT_RE%" /Commit
IF ERRORLEVEL 1 GOTO ERROR
ECHO .

ECHO %DISM% /Unmount-Wim /MountDir:"%MNT%" /Commit
%DISM% /Unmount-Wim /MountDir:"%MNT%" /Commit
IF ERRORLEVEL 1 GOTO ERROR
ECHO .
GOTO EOF

:ERORR
ECHO .
ECHO 何らかのエラーが発生しました
ECHO .
GOTO EOF

:NOT_FOUND
ECHO .
ECHO %1 ファイル/ディレクトリがありません
ECHO .
ECHO 終了します
ECHO .
GOTO EOF

:NOT_FOUND_UPD
ECHO .
ECHO 見つからなかったファイルがあったので終了します
ECHO .
GOTO EOF

:DISM_ERROR
ECHO .
ECHO DISM コマンドなんらかのエラーが発生しました
ECHO ログは %WIM%.log.txt に保存されています
ECHO 変更を破棄してマウントを解除します
ECHO .
ECHO %DISM% /Unmount-Wim /MountDir:"%1" /Discard
%DISM% /Unmount-Wim /MountDir:"%1" /Discard
ECHO .
GOTO EOF

:EOF
SET END_TIME=%DATE% %TIME%
ECHO 開始日時 - %START_TIME%
ECHO 終了日時 - %END_TIME%

上記 Install.Integrator.cmd 内の 太字この色 で示した変数の内容を環境に合わせて修正、保存します。特に MNT, MNT_RE 変数で設定するディレクトリは空でなければならず、十分な空き容量(最低でも 30GiB 以上) が必要です

Install.Integrator.List.txt の内容と解説

KB2990941|||NVMe¥KB2990941-v3-x64.msu|||NVM は、Windows 7 および Windows Server 2008 R2 で高速でネイティブのドライバーのサポートを追加するのにを更新します
KB3087873|||NVMe¥KB3087873-v2-x64.msu|||Windows 7 SP1 または Windows Server 2008 R2 の SP1 の修正プログラム 2990941 をインストールした後に、"0x0000007E"停止エラー
;↓失敗するので、Windows Update の更新プログラムの確認後でインストールします
;KB2533552|||KB2533552-x64.msu|||Windows 7 SP1、Windows Server 2008 R2 SP1、または Windows Embedded Standard 7 SP1 をインストールしたときに "0xC0000034" エラー メッセージが表示されるのを防ぐ更新プログラムを利用できます
KB2534366|||KB2534366-x64.msu|||Windows 7 SP1 または Windows Server 2008 R2 SP1 をインストールするときに "0xC000009A" エラー メッセージが表示される
KB2670838|||KB2670838-x64.msu|||Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 SP1 用のプラットフォーム更新プログラム
KB2732059|||KB2732059-v5-x64.msu|||You cannot open an .oxps file in Windows 7 or in Windows Server 2008 R2
KB2773072|||KB2773072-x64.msu|||更新プログラムによって Windows 7 のゲーム レーティング システムが変更されます
KB2834140|||KB2834140-v2-x64.msu|||"0x00000050" STOP エラーが Windows 7 SP1 または Windows Server 2008 R2 SP1 を搭載しているコンピューターで更新プログラム 2670838 をインストールした後に発生する
KB2919469|||KB2919469-x64.msu|||カナダの国コードが正しくない Windows 7 SP1 または Windows Server 2008 R2 の SP1
KB2970228|||KB2970228-x64.msu|||Windows でロシア ルーブルの新しい通貨記号をサポートするための更新プログラム
KB3006137|||KB3006137-x64.msu|||Windows でリトアニアの通貨記号をリトアニア リタス (Lt) からユーロ (?) へ変更する更新プログラム
KB3020369|||KB3020369-x64.msu|||Windows 7 および Windows Server 2008 R2 のサービス スタック更新プログラム (2015 年 4 月)
KB3102429|||KB3102429-v2-x64.msu|||Windows でアゼルバイジャン マナトとグルジア ラリの通貨記号をサポートする更新プログラム
KB3125574|||KB3125574-v4-x64.msu|||Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 SP1 の便利なロールアップ更新プログラム
KB3138612|||KB3138612-x64.msu|||Windows 7 と Windows Server 2008 R2 の Windows Update クライアント: 2016年 3 月
KB4343899|||KB4343899-x64.msu|||2018 年 8 月 15 日 - KB4343899 (セキュリティのみの更新プログラム)
KB4343900|||Rollup¥KB4343900-x64.msu|||2018-08 x64 ベース システム用 Windows 7 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB4343900)
; Windows 回復環境 (Windows Recovery Environment, Windows RE, WinRE)
; 回復環境の統合には別の .wim ファイルを使うので、ナレッジベース番号(KB) の前、つまり行頭に $ を追加します
$KB2990941|||NVMe¥KB2990941-v3-x64.msu|||NVM は、Windows 7 および Windows Server 2008 R2 で高速でネイティブのドライバーのサポートを追加するのにを更新します
$KB3087873|||NVMe¥KB3087873-v2-x64.msu|||Windows 7 SP1 または Windows Server 2008 R2 の SP1 の修正プログラム 2990941 をインストールした後に、"0x0000007E"停止エラー

コメントは行頭にセミコロン(;) を記述します。デリミタ文字列 ||| で区切られた最初のフィールドはナレッジベース番号(KB番号) を記述します。2番目のフィールには統合対象となる更新プログラムファイル名を記述します。Install.Integrator.cmd 内の変数 UPD の内容をベースディレクトリにしていることに注意してください。3番目のフィールドには概要を記述します。このコマンドスクリプトは Windows 回復環境の統合も行っている為、1番目フィールドの KB番号の頭に $ 文字を付与する事で、統合先のイメージファイルの切り分けを行っています

編集の修正が終わり、保存(SJIS CR+LF)して Install.Integrator.cmd を実行します。無事終了したら、変数 WIM で指定したインストールイメージファイル(.wim) を sources ディレクトリにコピー/リネームして終了です

Customize, software, Windowsno commentsno trackbacks(125)
Windows 電源オプション をコマンドスクリプトで一括設定

Windows の統合インストール USB メモリの作成やクリーンインストールの度に GUI で電源オプションの各電源プランの設定を行うのは面倒なので、一括設定を行う Windows コマンドスクリプト(PowerCfgSet.cmd) を作りました

使用する際にはなるべく、ディスプレイドライバーをインストール後に実行する事です。斜体の部分を変更する事によって、個別設定の値を設定して使用してください

PCパーツの中で数少ない駆動機構を持つハードディスク(HDD) の電源を On/Off するのは百害あって一利無し1 なので、全ての電源プランにおいてハードディスクの電源は落とさない様にしています

@Echo Off

POWERCFG -GETACTIVESCHEME > %TEMP%¥powercfg.active.txt

POWERCFG -LIST | FIND "電源設定の" > %TEMP%¥powercfg.list.txt

FOR /F "tokens=1,2,3,4* delims=: " %%A in (%TEMP%¥powercfg.list.txt) DO (
  Echo %%A %%B %%C %%D

  POWERCFG -SETACTIVE %%C

  If "%%D" == "(省電力)" (
    POWERCFG -CHANGE -monitor-timeout-ac 15
    POWERCFG -CHANGE -monitor-timeout-dc 15
  ) ELSE 
    POWERCFG -CHANGE -monitor-timeout-ac 0
    POWERCFG -CHANGE -monitor-timeout-dc 0
  )
  POWERCFG -CHANGE -disk-timeout-ac 0
  POWERCFG -CHANGE -disk-timeout-dc 0
  POWERCFG -CHANGE -standby-timeout-ac 0
  POWERCFG -CHANGE -standby-timeout-dc 0
  POWERCFG -CHANGE -hibernate-timeout-ac 0
  POWERCFG -CHANGE -hibernate-timeout-dc 0
)

FOR /F "tokens=1,2,3,4* delims=: " %%A in (%TEMP%¥powercfg.active.txt) DO POWERCFG -SETACTIVE %%C

Erase %TEMP%¥powercfg.active.txt
Erase %TEMP%¥powercfg.list.txt

  1. 自動車に例えるなら 1000km の道程を 10km 毎にエンジンを止めて停止→再び発進するのと、一定の速度でノンストップで走る場合、どちらが機械にストレスを与えているかは明白でしょう
Customize, software, Windowsno commentsno trackbacks(135)
Windows イベントビューアー エラー/警告 トラブルシューティング Microsoft-Windows-Kernel-EventTracing ID:3 ID:4

詳しい原因は不明ですが、ReadyBoost 関連の下記に示すエラーと警告が発生していたので、その対策です

ログの名前: Microsoft-Windows-Kernel-EventTracing/Admin
ソース: Microsoft-Windows-Kernel-EventTracing
日付: YYYY/MM/DD (w) HH:MM:SS
イベント ID: 3
タスクのカテゴリ: セッション
レベル: エラー
キーワード: セッション
ユーザー: SYSTEM
コンピューター: test
説明:
セッション "ReadyBoot" が次のエラーで停止しました: 0xC0000188
ログの名前: Microsoft-Windows-Kernel-EventTracing/Admin
ソース: Microsoft-Windows-Kernel-EventTracing
日付: YYYY/MM/DD (w) HH:MM:SS
イベント ID: 4
タスクのカテゴリ: ログ
レベル: 警告
キーワード: セッション
ユーザー: SYSTEM
コンピューター: test
説明:
セッション "ReadyBoot" の最大ファイル サイズに達しました。このため、イベントがファイル C:¥Windows¥Prefetch¥ReadyBoot¥ReadyBoot.etl に書き込まれない可能性があります。最大ファイル サイズは現在 20971520 バイトに設定されています。

コマンドプロンプトから下記のようにレジストリを修正して対策は終了です

For %A in (ControlSet001 ControlSet002 CurrentControlSet
) Do REG ADD "HKLM¥SYSTEM¥%A¥Control¥WMI¥Autologger¥ReadyBoot" /v "Start" /t "REG_DWORD" /d 0 /f
Event Viewer, PC, software, Trouble Shooting, Windowsno commentsno trackbacks(209)
Windows イベントビューアー エラー/警告 トラブルシューティング Microsoft-Windows-Kernel-PnP ID:219

NTFS フォーマットを施した USB メモリーを差し込んだまま Windows 7 を起動したりすると、以下の様な警告がイベント ビューアーに記録される

ログの名前: System
ソース:  Microsoft-Windows-Kernel-PnP
日付: YYYY/MM/DD (w) HH:MM:SS
イベント ID: 219
タスクのカテゴリ: (212)
レベル: 警告
キーワード:
ユーザー: SYSTEM
コンピューター: test
説明:
デバイス WpdBusEnumRoot¥UMB¥2&37c186b&0&STORAGE#VOLUME#_??_USBSTOR#DISK&VEN_TOSHIBA&PROD_TRANSMEMORY-MX&REV_PMAP#A14593E4A599ED7090000F31&0# のドライバー ¥Driver¥WUDFRd を読み込めませんでした。

上記の警告が発生する原因として考えられるのは、WDF のフレームワークが入っている状態で発生すると思われます

WDF のフレームワーク の実体は Windows 7 では何かと言うと…

以上の2つだと思われます。って言うか…思いっきりコレが原因ですな

対策は下記スクリーンショットの様に サービスの Windows Driver Foundation - User-mode Driver Framework を手動から自動に変更するだけです

WDF サービス
WDF サービス
WDF サービス 設定
WDF サービス 設定

以上で、イベントビューアーに警告は出なくなります

Event Viewer, PC, software, Trouble Shooting, Windowsno commentsno trackbacks(127)
いつの間にかエクスペリエンスインデックスが実行されてる…('A`)

Windows 系の OS には 大きなお世話だ! といった様な機能がてんこ盛りなわけですが、エクスペリエンスインデックスがいつの間にか実行されていた…なんて事はありませんか? この余計な実行タスクを止める方法を記載していきます

エクスペリエンスインデックスを勝手に実行している正体はタスクスケジューラがインストール時に勝手にスケジュール設定を行い、実行しているためです。これを止める手順を下記に示します

タスクスケジューラ

タスクスケジューラ

  1. Windows + R キーを押して taskschd.msc と入力して、タスクスケジューラを起動します
  2. 左側のコンソールツリーから タスクスケジューラライブラリ → Microsoft → Windows → Maintenance を選択します
  3. 中央のパネルの名前部分に WinSAT があるはずです。これを右クリックして無効および削除を選択します
  4. 以上で作業は終了です

他の余計なタスクスケジューラを削除および無効化する

ここでは、前述の WinSAT 以外にも、私の環境では不要なタスクスケジューラライブラリの一覧表を記載します

場所名前削除および無効化する理由
¥Microsoft¥Windows¥Defrag ScheduledDefrag デフラグなんて任意でやるものだし、勝手に実行されてはかなわん
¥Microsoft¥Windows¥Maintenance WinSAT エクスペリエンスインデックスというものはユーザーが任意に実行するもので、システムが勝手に実行するものではない
¥Microsoft¥Windows Defender MP Scheduled Scan 別途アンチウィルス、ファイアーウォールを導入しているので不要
MpIdleTask 上記と同様の理由
表.1 私見版 タスクスケジューラライブラリ 無効表

まったく…Windows は余計なことしすぎだろ…('A`)

PC, software, Trouble Shooting, Windowsno commentsno trackbacks(14,957)
vcredist_x64.exe (2005) をインストールするとルートディレクトリに msdia80.dll が…('A`)

またまた、前回の記事 に続き、Windows7 のプチトラブルの続編です

vcredist_x64.exe をインストールすると、任意のドライブのルートディレクトリに msdia80.dll というファイルがインストールされてしまうという現象です。この現象は x64 系の Microsoft Visual C++ 2005 再配布可能パッケージでしか発生しません

検索すると、以下の Microsoft ページに解決方法が記述されています

Visual C++ 2005 の再頒布可能パッケージを使用して、Vcredist_x64.exe ファイルまたは Vcredist_ia64.exe ファイルをインストールすると、ブート ドライブのルート フォルダーで、Msdia80.dll ファイルがインストールされています。

上記のページの回避策の手順を示すと…

  1. ルートディレクトリにある msdia80.dll ファイルを %ProgramFiles%¥Common Files¥Microsoft Shared¥VC へ移動する。もし、ディレクトリが存在しなければ作成する
  2. Windows + R を押し、以下のコマンド入力する
    regsvr32 %ProgramFiles%¥Common Files¥Microsoft Shared¥VC¥msdia80.dll
    Microsoft のページに記述されている回避策は以上なんですが、レジストリエディタで msdia80.dll を検索すると、ルートディレクトリとしてレジストリに記録されているエントリーが幾つかありました
  3. レジストリエディタで msdia80.dll を検索しながら、以下に該当するキーの値が regsvr32 で登録したパス名になっているか確認します。x86 版のパス名は %ProgramFiles(x86)% と記述されているので、その部分はスキップします
    1. HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{1FBD5EC4-B8E4-4D94-9EFE-7CCAF9132C98}\InprocServer32
    2. HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{37DFDBCC-40A5-4F4A-8523-123C746D38F0}\InprocServer32
    3. HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{BCE36434-2C24-499E-BF49-8BD99B0EEB68}\InprocServer32
    4. HKEY_CLASSES_ROOT\TypeLib\{106173A0-0173-4E5C-84E7-E915422BE997}\2.0\0\win64
    5. HKEY_CLASSES_ROOT\Wow6432Node\TypeLib\{106173A0-0173-4E5C-84E7-E915422BE997}\2.0\0\win64
    6. HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\CLSID\{1FBD5EC4-B8E4-4D94-9EFE-7CCAF9132C98}\InprocServer32
    7. HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\CLSID\{37DFDBCC-40A5-4F4A-8523-123C746D38F0}\InprocServer32
    8. HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\CLSID\{BCE36434-2C24-499E-BF49-8BD99B0EEB68}\InprocServer32
    9. HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\TypeLib\{106173A0-0173-4E5C-84E7-E915422BE997}\2.0\0\win64
    10. HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\Wow6432Node\TypeLib\{106173A0-0173-4E5C-84E7-E915422BE997}\2.0\0\win64
    11. HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\VisualStudio\8.0\CLSID\{1FBD5EC4-B8E4-4D94-9EFE-7CCAF9132C98}
    12. HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\VisualStudio\8.0\CLSID\{37DFDBCC-40A5-4F4A-8523-123C746D38F0}
    13. HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\VisualStudio\8.0\CLSID\{BCE36434-2C24-499E-BF49-8BD99B0EEB68}
    14. HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Installer\UserData\S-1-5-18\Components\8E401D84BF78EDA438B3E1A639D181FF
    15. HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\SharedDLLs
    16. HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Classes\TypeLib\{106173A0-0173-4E5C-84E7-E915422BE997}\2.0\0\win64

以上で作業は終了です。Microsoft Visual C++ Redistributable はソフトウェアをインストール際に問答無用で勝手にインストールするものもあるので、要注意です

PC, software, Trouble Shooting, Windowsno commentsno trackbacks(13,800)
Windows7 インストール後に発生するイベントID 10 でのアプリケーションエラー

前回の記事 に続き、Windows7 のトラブル解決編の続編です

Windows 7 インストール後にイベントビューアーを見ると、Windows ログ → アプリケーションの所で以下のようなエラーが発生していました

ログの名前:       Application
ソース:           Microsoft-Windows-WMI
日付:             2011/02/26 (土) 17:51:09
イベント ID:      10
タスクのカテゴリ: なし
レベル:           エラー
キーワード:       クラシック
ユーザー:         N/A
コンピューター:   **********
説明:
クエリ "SELECT * FROM __InstanceModificationEvent WITHIN 60 WHERE TargetInstance ISA "Win32_Processor" AND TargetInstance.LoadPercentage > 99" のイベント フィルターを名前空間 "//./root/CIMV2" 内で再度使用できませんでした。原因はエラー 0x80041003 です。問題が解決されなければ、このフィルターではイベント表示できません。

で、この件で検索してみると、Microsoft の次のページがヒットしました…

Windows Vista Service Pack 1、Windows 2008、Windows 7 または Windows Server 2008 R2 をインストールした後にイベント ID 10 がアプリケーション ログに記録されます。

この Microsoft のページを読むと解決方法が記述されているんですが、詳細の部分を見てみると…

このエラー メッセージは無視してかまいません。

との記述が…何ですかね。これは…('A`)

まぁ、イベントログに起動の度にエラーが記録されるのは精神衛生上よろしくないので、解決方法に記述されている VB Script を作成、実行し、再起動して再びイベントビューアーで確認してエラーが記録されていないことを確認して終了です

…が、それだけでは物足りないので、RT 7 Lite でインストール DVD を作成する際に RunOnce にてこの処理を行うようにしました

For %%a In (D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z) Do If Exist %%a:¥$WIN7_SP1.x64.txt Set CDROM=%%a:
%CDROM%¥etc¥fix.event10.vbs

上記の例を説明すると $WIN7_SP1.x64.txt というのはインストールメディアのドライブレターを識別する為に、そのルートディレクトリに置いておくファイルです。¥etc¥fix.event10.vbs というこのファイルが解決方法に記述された VB Script ファイルです

PC, software, Trouble Shooting, Windowsno commentsno trackbacks(37,374)
Windows7 x64 での Intel 82583V(e1q62x64.sys) BSOD 多発病
Windows7 x64 での Intel 82583V(e1q62x64.sys) BSOD

Windows7 x64 での Intel 82583V(e1q62x64.sys) BSOD

我が常用PC の Windows XP SP3 (x65) から Windows 7 Ultimate SP1 (x64) への移行は今現在終了したのですが、32bits 環境ではまったく発生しなかった ASUSTeK Crosshair IV Extreme のオンボード LAN である Intel 82583V(e1q62x64.sys) が BSOD 多発病が発生したので、その時の回避策を記述します

Intel 82583V(e1q62x64.sys) での BSOD 多発病は Windows XP SP3 (x86) 32bits 環境ではまったく発生してなかったので、64bits の Windows 環境固有の問題と思われます

現在 (2011/04/15) Intel 82583V(e1q62x64.sys) のドライバーが入手可能先は以下の表のとおりです


入手先バージョン
Intel_LAN_V117321003.zip

ASUSTeK サイトからダウンロードできるドライバ。ファイルバージョンでは現在 (2011/04/15) のところ最新。内容はドライバーのみで VPN などのユーティリティは入っていません。また、インストールはデバイスマネージャーから行います。このドライバファイルはβベージョン扱いの為か、デジタル署名が入っていないので、インストール時に警告が出るが無視してそのままインストールします

11.7.32.1003

11.7.32.1003

PROWinx64.exe (16.1)

Intel のサイトからダウンロードできるドライバ + ユーティリティ。このドライバでは BSOD が発生する

11.7.32.0

11.7.32.0

Intel_Lan_V11470_XpVistaWin7.zip

ASUSTeK サイトからダウンロードできる初期のドライバ + ユーティリティ。このドライバでも BSOD が発生する

11.4.7.0

11.4.7.0

表.1 Intel 82583V(e1q62x64.sys) の入手先一覧表

以上、3点のドライバーがダウンロードできるが、一番上のファイルバージョン 11.7.32.1003 の ASUSTeK サイトからダウンロードできるβバージョンのドライバーをインストールことで解決しました。VPN などのユーティリティ関係はありませんが、私の環境ではまったく無用なので、当面はコレで使っていきます

それにしても、BSOD にお目にかかるなんて Windows 2000 を使っていた頃から久しぶりに遭遇しましたよ…('A`)

PC, software, Trouble Shooting, Windowsno commentsno trackbacks(6,001)
窓辺ななみ Window 7 SP1 DVD Label
窓辺ななみ Window 7 SP1 DVD Label

窓辺ななみ Window 7 SP1 DVD Label

CRC32:db897119
MD5:785d6f55e1307986910a2c847935c970
SHA-1:88871bee67d4dc99cc6cec27f191e4ecbbb7dead
Mirror:Windows 7 SP1 DVD Label v2 by ~Alphaziel on deviantART

Ultimate 版のみというのもアレなんで、Home Premium、Professional 版も追加しました

ダウンロードは右の画像をクリックしてください

PC, software, Windowsno commentsno trackbacks(5,767)
Windows 7 SP1 が一般公開されたみたいですね
Windows 7 SP1 DVD labels of Nanami Madobe

Windows 7 SP1 DVD Label

CRC32:97254c35
MD5:449561902a2e7b7b2931585cb7c6c66f
SHA-1:6b81cfc854bcc86baa33ff85a225a7f82dd53038
Mirror:Windows 7 SP1 DVD Label by ~Alphaziel

Windows 7 SP1 が一般公開されたみたいですね。私の場合、msdn TechNet 発足時から入会しているので、そちらの方から送られてきた、既に SP1 が統合済みの DVD で、テスト PC にクリーンインストールしてみました。その PC から、Windows Update を見ると、以下の更新情報が挙がってきました 1

以上の更新リソースをダウンロードし、早速 RT Se7en Lite を使用して、Windows 7 SP1 x64 + @ みたいな DVD を作成致しました

Windows 7 への移行作業は、3月に入ってから行いたいと思ってます。それまでに Windows XP でやり残した事をやり尽くしておかないといけません…('A`)


Windows 7 SP1 で必要になる Windows Update リスト

以下の表はあくまでも Windows 7 SP1 DVD にてクリーンインストールを実行し Windows Update だけに出てくる更新リストです

番号内容
KB890830 x64 v3.21 このツールを使用すると、特定の悪意のあるソフトウェア (Blaster、Sasser、Mydoom など) に感染していないかどうかコンピュータをチェックし、感染が見つかった場合にはそれらを削除することができます。 マイクロソフトは、毎月第 2 火曜日に、このツールの更新バージョンをリリースする予定です
KB915597 (mpas-feX64.exe) Windows Defender の定義ファイルの最新版を手動でダウンロードする方法
KB954430 Microsoft XML Core Services (MSXML) に、攻撃者が Windows ベースのシステムを危険にさらしたり制御したりすることができるセキュリティ問題が発見されました
KB971033 Genuine Microsoft Software 3

nLite からの伝統と言うか仕様なのか、この種の統合ツールを使うと必ずと言っていいほど WGA が外れてしまいます

KB973688 この更新プログラムをインストールすると、既知の文書型定義 (DTD) が含まれている場合に、多くの HTTP 要求がアプリケーションから送信されることを防止できます
KB982018
v3
この更新プログラムは、信頼性に関するものです。この更新プログラムによって、Windows のパフォーマンスおよび信頼性に関する問題が修正されます。この更新プログラムを適用すると、さまざまな状況で、パフォーマンスと応答性がよりいっそう向上します。詳細については、サポート技術情報を参照してください。インストール後には、コンピューターの再起動が必要になる場合があります
KB2393802 認証されているローカルの悪意のあるユーザーが、お使いのシステムのセキュリティを侵害して、そのシステムを制御できるというセキュリティの問題が発見されました。この更新プログラムをインストールすると、お使いのシステムを保護できます。インストール後には、システムの再起動が必要になる場合があります
KB2425227 悪意のあるユーザーが、ユーザーに知られることなく、システムの動作を事実とは異なる内容で通知できるというセキュリティの問題が発見されました。この更新プログラムをインストールすると、お使いのシステムを保護できます。インストール後には、システムの再起動が必要になる場合があります
KB2475792 リモートで認証されていない悪意のあるユーザーがシステムのセキュリティを侵害して、情報にアクセスできるというセキュリティの問題が発見されました。この更新プログラムをインストールすると、お使いのシステムを保護できます。インストール後には、システムの再起動が必要になる場合があります
KB2476490 認証されていないリモートの悪意のあるユーザーがシステムのセキュリティを侵害して、そのシステムを制御できるというセキュリティの問題が発見されました
KB2479628 認証されているローカルの悪意のあるユーザーが、お使いのシステムのセキュリティを侵害して、そのシステムを制御できるというセキュリティの問題が発見されました。この更新プログラムをインストールすると、お使いのシステムを保護できます。インストール後には、システムの再起動が必要になる場合があります
KB2479943 認証されていないリモートの悪意のあるユーザーがシステムのセキュリティを侵害して、そのシステムを制御できるというセキュリティの問題が発見されました。この更新プログラムをインストールすると、お使いのシステムを保護できます。インストール後には、システムの再起動が必要になる場合があります
KB2482017 Microsoft Internet Explorer を実行しているコンピュータを攻撃者が侵害し、そのコンピュータを制御できるセキュリティ問題が発見されました。この更新プログラムをインストールすると、お使いのコンピュータを保護できます。インストール後には、コンピュータの再起動が必要になる場合があります
KB2485376 認証されていないリモートの悪意のあるユーザーがシステムのセキュリティを侵害して、そのシステムを制御できるというセキュリティの問題が発見されました。この更新プログラムをインストールすると、お使いのシステムを保護できます。インストール後には、システムの再起動が必要になる場合があります
KB2492386 この更新プログラムをインストールすると、Windows で発生する一連のアプリケーション互換性に関する既知の問題が修正されます。更新プログラムの対象となる問題の完全な一覧については、サポート技術情報を参照してください。インストール後には、コンピュータの再起動が必要になる場合があります
KB2505438 この更新プログラムをインストールすると、Windows の問題が修正されます。この更新プログラムの対象となる問題の完全な一覧については、サポート技術情報 を参照してください。インストール後には、コンピュータの再起動が必要になる場合があります
KB2506928
v2
この更新プログラムをインストールすると、Windows の問題が修正されます。この更新プログラムの対象となる問題の完全な一覧については、サポート技術情報を参照してください。インストール後には、コンピュータの再起動が必要になる場合があります
KB2515325 この更新プログラムは、信頼性に関するものです。この更新プログラムによって、Windows のパフォーマンスおよび信頼性に関する問題が修正されます。この更新プログラムを適用すると、さまざまな状況で、パフォーマンスと応答性がよりいっそう向上します。詳細については、サポート技術情報を参照してください。インストール後には、コンピューターの再起動が必要になる場合があります
KB2522422 この更新プログラムをインストールすると、Windows の問題が修正されます。この更新プログラムの対象となる問題の完全な一覧については、サポート技術情報を参照してください。インストール後には、コンピュータの再起動が必要になる場合があります
KB2524375 Install this update to resolve an issue which requires an update to the certificate revocation list on Windows systems and to keep your systems certificate list up to date. After you install this update, you may have to restart your system.
KB2446710 確認されたセキュリティ上の問題により、Microsoft .NET Framework を実行している Microsoft Windows ベースのシステムが攻撃者に侵害され、完全に制御される可能性があります。 Microsoft から提供されているこの更新プログラムをインストールして、コンピューターの保護に役立てることができます。 この更新プログラムをインストールした後には、コンピューターを再起動しなければならない場合があります
KB2491683 認証されていないリモートの悪意のあるユーザーが、お使いのシステムのセキュリティを侵害して、そのシステムを制御できるというセキュリティの問題が発見されました。この更新プログラムをインストールすると、お使いのシステムを保護できます。インストール後には、システムの再起動が必要になる場合があります
KB2497640 Microsoft Internet Explorer を実行しているコンピュータを攻撃者が侵害し、そのコンピュータを制御できるセキュリティ問題が発見されました。この更新プログラムをインストールすると、お使いのコンピュータを保護できます。インストール後には、コンピュータの再起動が必要になる場合があります
KB2503658 認証されていないリモートの悪意のあるユーザーが、お使いのシステムのセキュリティを侵害して、データを不正に取得できるというセキュリティの問題が発見されました。この更新プログラムをインストールすると、お使いのシステムを保護できます。インストール後には、システムの再起動が必要になる場合があります
KB2503665 ローカルで認証された悪意のあるユーザーがシステムのセキュリティを侵害して、そのシステムを制御できるというセキュリティの問題が発見されました
KB2506014 管理アクセス許可を持つユーザーによる署名されていないドライバーの読み込みが許可されるという問題が発見されました。この更新プログラムにより、この問題が解決されます。この更新プログラムをインストールすると、お使いのシステムを保護できます。インストール後には、システムの再起動が必要になる場合があります
KB2506212 認証されていないリモートの悪意のあるユーザーが、お使いのシステムのセキュリティを侵害して、そのシステムを制御できるというセキュリティの問題が発見されました。この更新プログラムをインストールすると、お使いのシステムを保護できます。インストール後には、システムの再起動が必要になる場合があります
KB2506223 認証されているローカルの悪意のあるユーザーが、お使いのシステムのセキュリティを侵害して、そのシステムを制御できるというセキュリティの問題が発見されました。この更新プログラムをインストールすると、お使いのシステムを保護できます。インストール後には、システムの再起動が必要になる場合があります
KB2507618 認証されていないリモートの悪意のあるユーザーが、お使いのシステムのセキュリティを侵害して、そのシステムを制御できるというセキュリティの問題が発見されました。この更新プログラムをインストールすると、お使いのシステムを保護できます。インストール後には、システムの再起動が必要になる場合があります
KB2507938 ローカルで認証された悪意のあるユーザーがシステムのセキュリティを侵害して、そのシステムを制御できるというセキュリティの問題が発見されました
KB2508272 Microsoft Internet Explorer を実行しているシステムのセキュリティを悪意のあるユーザーが侵害し、そのシステムを制御できるというセキュリティの問題が ActiveX コントロールに発見されました。この更新プログラムをインストールすると、お使いのシステムを保護できます。インストール後には、コンピュータの再起動が必要になる場合があります
KB2508429 認証されていないリモートの悪意のあるユーザーが、お使いのシステムのセキュリティを侵害して、そのシステムを制御できるというセキュリティの問題が発見されました。この更新プログラムをインストールすると、お使いのシステムを保護できます。インストール後には、システムの再起動が必要になる場合があります
KB2509553 認証されていないリモートの悪意のあるユーザーが、お使いのシステムのセキュリティを侵害して、そのシステムを制御できるというセキュリティの問題が発見されました。この更新プログラムをインストールすると、お使いのシステムを保護できます。インストール後には、システムの再起動が必要になる場合があります
KB2510531 認証されていないリモートの悪意のあるユーザーが、お使いのシステムのセキュリティを侵害して、そのシステムを制御できるというセキュリティの問題が発見されました。この更新プログラムをインストールすると、お使いのシステムを保護できます。インストール後には、システムの再起動が必要になる場合があります
KB2511250 この更新プログラムをインストールすると、Windows の問題が修正されます。この更新プログラムの対象となる問題の完全な一覧については、サポート技術情報を参照してください。インストール後には、コンピュータの再起動が必要になる場合があります
KB2511455 認証されていないリモートの悪意のあるユーザーが、お使いのシステムのセキュリティを侵害して、そのシステムを制御できるというセキュリティの問題が発見されました。この更新プログラムをインストールすると、お使いのシステムを保護できます。インストール後には、システムの再起動が必要になる場合があります
KB2529073 この更新プログラムをインストールすると、Windows の問題が修正されます。この更新プログラムの対象となる問題の完全な一覧については、サポート技術情報を参照してください。インストール後には、コンピュータの再起動が必要になる場合があります
KB2533552 この更新プログラムをインストールすると、将来公開される更新プログラムを Windows 7 および Windows Server 2008 R2 のすべてのバージョンに正常にインストールできるようになります。将来公開される更新プログラムを選択してインストールする前に、この更新プログラムが必要になる場合があります。インストールすると、削除することはできません
KB2534366 この更新プログラムをインストールすると、Windows の問題が修正されます。この更新プログラムの対象となる問題の完全な一覧については、サポート技術情報を参照してください。インストール後には、コンピュータの再起動が必要になる場合があります
KB2525694 認証されていないリモートの悪意のあるユーザーがシステムのセキュリティを侵害して、そのシステムを制御できるというセキュリティの問題が発見されました
KB2530548 この更新は、Microsoft Security Bulletin MS11-050 に掲載されている脆弱性に対処します。他のセキュリティ更新があるかどうかを確認するには、このページの概要のセクションをご覧ください
KB2532531 認証されていないリモートの悪意のあるユーザーがシステムのセキュリティを侵害して、そのシステムを制御できるというセキュリティの問題が発見されました
KB2533623 この更新プログラムをインストールすると、Windows の問題が修正されます
KB2536275 認証されていないリモートの悪意のあるユーザーがシステムの応答を停止させることができるというセキュリティの問題が発見されました
KB2536276 認証されていないリモートの悪意のあるユーザーがシステムのセキュリティを侵害して、そのシステムを制御できるというセキュリティの問題が発見されました
KB2544521 認証されていないリモートの悪意のあるユーザーがシステムのセキュリティを侵害して、そのシステムを制御できるというセキュリティの問題が発見されました
KB2544893 リモートで認証されていない悪意のあるユーザーがシステムのセキュリティを侵害して、情報にアクセスできるというセキュリティの問題が発見されました
KB2555917 ローカルで認証された悪意のあるユーザーがシステムのセキュリティを侵害して、そのシステムを制御できるというセキュリティの問題が発見されました
.NET Framework 3.5.1 を組む込む場合は以下のアップデートプログラムが必要です
KB2478662 確認されたセキュリティ上の問題により、Microsoft .NET Framework を実行している Microsoft Windows ベースのシステムが攻撃者に侵害され、完全に制御される可能性があります。 Microsoft から提供されているこの更新プログラムをインストールして、コンピューターの保護に役立てることができます。 この更新プログラムをインストールした後には、コンピューターを再起動しなければならない場合があります
KB2518869 確認されたセキュリティ上の問題により、Microsoft .NET Framework を実行している Microsoft Windows ベースのシステムが攻撃者に侵害され、完全に制御される可能性があります。 Microsoft から提供されているこの更新プログラムをインストールして、コンピューターの保護に役立てることができます。 この更新プログラムをインストールした後には、コンピューターを再起動しなければならない場合があります
.NET Framework 4.0 を組む込む場合は以下のアップデートプログラムが必要です
KB2160841 確認されたセキュリティ上の問題により、Microsoft .NET Framework を実行している Microsoft Windows ベースのシステムが攻撃者に侵害され、完全に制御される可能性があります。Microsoft から提供されているこの更新プログラムをインストールして、コンピューターの保護に役立てることができます。この更新プログラムをインストールした後には、コンピューターを再起動しなければならない場合があります
KB2416472 確認されたセキュリティ上の問題により、Microsoft .NET Framework 2.0 を実行している Microsoft Windows ベースのシステムが攻撃者に侵害され、データにアクセスされる可能性があります。Microsoft から提供されているこの更新プログラムをインストールして、コンピューターの保護に役立てることができます。この更新プログラムをインストールした後には、コンピューターを再起動しなければならない場合があります
KB2446708 確認されたセキュリティ上の問題により、Microsoft .NET Framework を実行している Microsoft Windows ベースのシステムが攻撃者に侵害され、完全に制御される可能性があります。 Microsoft から提供されているこの更新プログラムをインストールして、コンピューターの保護に役立てることができます。 この更新プログラムをインストールした後には、コンピューターを再起動しなければならない場合があります
緊急、重要ではないが、オプションとして以下のアップデートプログラムがあります
KB2484033 この更新プログラムをインストールすると、Windows の問題が修正されます。この更新プログラムの対象となる問題の完全な一覧については、サポート技術情報を参照してください。インストール後には、コンピュータの再起動が必要になる場合があります
KB2496898 この更新プログラムをインストールすると、Windows の問題が修正されます。この更新プログラムの対象となる問題の完全な一覧については、サポート技術情報を参照してください。インストール後には、コンピュータの再起動が必要になる場合があります
表.1 Windows 7 SP1 で必要になる Windows Update リスト

更新履歴

日付内容
2011/08/02 (火)Windows Update リスト に KB954430, KB973688, KB890830, KB2476490, KB2478662, KB2503665, KB2507938, KB2518869, KB2525694, KB2530548, KB2532531, KB2533623, KB2536275, KB2536276, KB2544521, KB2544893, KB2555917 を追加。KB890830 を更新
2011/05/11 (水)Windows Update リスト に KB2529073, KB2533552, KB2534366 を追加。KB890830 を更新
2011/04/27 (水)Windows Update リスト に KB982018, KB2492386, KB2506928, KB2515325, KB2522422 を追加
2011/04/13 (水)Windows Update の KB890830 を更新、及び KB2446708, KB2446710, KB2491683, KB2497640, KB2503658, KB2506014, KB2506212, KB2506223, KB2507618, KB2508272, KB2508429, KB2509553, KB2510531, KB2511250, KB2511455 をリストに追加
2011/03/25 (金)Windows Update リスト に KB2524375, KB2496898 を追加
2011/03/09 (水)Windows Update リスト に KB890830, KB2479943, KB2505438 を追加
2011/03/02 (水)Windows 7 SP1 で必要になる Windows Update リスト の部分を追記変更
2011/02/27 (日)RT Se7en Lite で必要になる Windows Update リスト を
Windows 7 SP1 で必要になる Windows Update リスト と改名
2011/02/25 (金)Windows Update リスト に KB2484033, KB2488113 を追加
2011/02/24 (木)RT Se7en Lite で必要になる Windows Update リスト を加えました

  1. リンク先は全て x64-based Systems 用です
  2. Internet Explorer 8 用です。正直、IE なんてどうでもいいです。使わないしw
  3. 直リンw: x64 x86
PC, software, Windowsno commentsno trackbacks(7,000)
Windows 7 へ行こう! (移行)

はじめに

Windows 7

Windows 7 Ultimate SP1

私が常用している PC も 2011年に入ってから、ケース、マザーボード、CPU 等を一新 1 したのをきっかけに長らく使用していた Windows XP (32bit) 環境から脱却し、Windows 7 (64bit) 環境へと移行して行こうかと思ってます。常用 PC 2 として使用している PC の OS なので、Windows Vista が登場した当初、テスト用 PC で評価しましたが、当時はとても移行できる段階では無かったので、スルーしてしました

Windows XP から Windows 7 への移行するにあたって、問題点などを挙げ、また、その解決策があれば、纏めておこうという趣旨の記事です。なので、全ての人のケースあてはまるものではないのでご承知ください

なぜ、移行が必要なのか…

  • Windows XP 環境で使用したきたソフトウェア環境が Windows 7 でも、だいぶ再現できるようになってきた為
  • 使用可能 RAM 容量 3.2GB 縛りから開放されたい
  • Windows 7 SP1 の正式リリースが近そうなので…
  • ハードウェア、ソフトウェアの新機能が Windows XP では使えなくなっていく現状

移行を渋ってた主な理由としては…

  • WDDM の実装による、描画パフォーマンスの低下

    Windows Vista 以降の Windows 系 OS に実装された WDDM が、オーバーヘッドとなり、ゲームに限らず、描画全体のパフォーマンスを低下させています。これは、今現在をもっても根本的な解決にはなっていません。Windows XP レベルで得られたベンチマークのスコアやパフォーマンスまで引き上げるには、ビデオカード等のハードウェアをアップグレードして行くしかないという力技しかありません。そもそも、WDDM によって、カーネルを保護し、なおかつ 3D 描画をマルチスレッド化し、ブルーバックスクリーンの発生頻度をなくすという趣旨でしたが、未だにブルーバックスクリーンを発生させているビデオカードドライバは存在します

  • DirectSound HAL, DirectSound 3D の廃止による、事実上ゲームなどのソフトウェアでのハードウェアアクセラレーションが使用できなくなった

    Windows Vista 以降の Windows 系 OS を今までスルーしてきた最大の原因はコレ。7.1ch 3Dサウンド環境で音楽、DVD、ゲームなどを楽しんできた者としては、致命的な仕様変更でした。DirectSound HAL, DirectSound 3D の廃止に取って代わって、UAA なる余計なモノが実装されましたが、これがまたユーザーを混乱にさせている一因となっていて、この問題も今現在をもっても根本的な解決に至っていません。OpenAL や Creative ALchemy を使用する事によって解決する手段はある事にはあります、3D Sound を行う全てのソフトウェアが動作するわけではありません

  • UI, 操作性が悪い(または、悪くなった)

    様々なユーティリティソフトの出現によってかなり改善されてきたと思う…

最大の問題点を野ざらしになった状態での移行

WDDM と UAA 実装によって、映像と音という極めて重要な部分の仕様変更を行ったが、Microsoft は今現在をもってこの問題を野ざらし状態にしており、どの規格や手法がデファクトスタンダード (de facto standard) になるか判らず、不透明感がある…と、不安感を煽っても、ハードウェア、ソフトウェアの新機能を楽しめないので、前向きに考えて 3 行きましょう

移行時期

SP1 が正式にリリースした時に移行を行いと思います

準備

ハードウェアは一部を除いて、準備済みで、現在は Windows XP SP3 を入れて使用中。以下の表は新旧交代した(または、その予定にある) ハードウェアの一覧です

次にソフトウェア面でのカスタマイズです。主に UI や視覚効果関係です

テーマ

Windows XP

Windows XP

Windows XP のテーマは NWBB を StyleBuilder で改良したモノを長らく使ってきました


Windows 7

Windows 7

Windows 7 に移行するにあたってイメージが近いテーマを探してみた所、Windows 7 Basic Black by cryeR というテーマを見つけました。取り合えずにコレに決定


スタートメニュー

Windows XP スタートメニュー

Windows XP

Windows XP では、単にクラシックスタートメニューにした状態で使用していました

ただ、右の画像もクラシックメニューの設定に加えて、%USERPROFILE% ディレクトリの中をいじったりして、自分なりに改良していました


Windows 7 スタートメニュー

Windows 7

Windows 7 でクラシックスタートメニューが廃止になってしまったので、それに取って代わるようなモノが無いかと検索した所、Classic Shell なるものを発見!…こ、これは、凄いです。Classic と名前が付いていますが、Modern Classic Shell と言ってもいいぐらいすばらしいカスタマイズツールです

右の画像は Classic Shell のスキン設定に clrSharp を適用し、Classic Shell にてカスタマイズした結果です


Windows 7 スタートメニュー

Windows 7 with Classic Shell - その1

Windows 7 スタートメニュー

Windows 7 with Classic Shell - その2

また、この Classic Shell はクラシックメニューの操作性を犠牲にする事無く、Windows 7 風の外見にする事も可能です

その他用意するモノ

  • ユーザー・アカウント・ピクチャー
  • ログオン画面の背景画像
  • OEM 商標のロゴ画像
  • スタートメニューボタン画像

まぁ、大体のところはこれで十分かな…


インストール DVD

Windows 7 インストール DVD

Windows 7 インストール DVD 謎のリンク

さて、カスタマイズの話はここまでとして、インストールイメージの用意です。私の手順としては、RT Se7en Lite を使用して、SP1 を Slipstream Service Pack にてインストールイメージを作成します

あとは、SP1 の正式リリースを待つだけです…そして、Windows 7 SP1 インストール編 へと続きます。多分…('A`)


  1. 本当はケースのみの買い替えだったんですが、何故か、帰りには荷物が増えていました…('A`)
  2. ゲームに始まり、音楽を聴いたり、テレビ、DVD を観たり、動画を編集したりとなんでもこなせる PC として、使っている PC です
  3. 何も考えてないとも言えるw または、問題に当たったら、取り敢えずその場凌ぎの対処療法を行うともw
PC, software, Windowsno commentsno trackbacks(5,511)
Windows Vista/7 での Everquest Ⅱ ボイスチャット設定

RAID 1 プレイでボイスチャット使用の前提募集が増えている半面、OS に Windows 7 または Vista を使用していて、ボイスチャットの設定がわからない為に参加ができない、または、しない人が要るのではと思い、設定方法を記事にしてみました

Windows 7/Vista 側の設定

  1. サウンド プロパティ 1

    サウンド プロパティ 1

    スタートメニューコントロールパネルサウンド でサウンドのプロパティを開きます
  2. 再生タブになっていなければ、再生タブをクリックします
  3. サウンド プロパティ 2

    サウンド プロパティ 2

    次に再生タブの空白の部分を右クリックします
  4. コンテキストメニューの 無効なデバイスの表示 をクリックします
  5. サウンド プロパティ 3

    サウンド プロパティ 3

    実際に音を再生させている以外のデバイス上で右クリックします
  6. コンテキストメニューの 無効化 をクリックします
  7. 上記の 2つの手順を音を再生させている以外のデバイスに対して繰り返し、実際に音を再生させている以外のデバイス全てを無効化します
  8. サウンド プロパティ 4

    サウンド プロパティ 4

    すると、右のような画面になります
  9. サウンド プロパティ 5

    サウンド プロパティ 5

    ボイスチャットで喋る必要がある人は録音タブをクリックします
  10. サウンド プロパティ 6

    サウンド プロパティ 6

    ここも再生タブで行った様に接続しているマイク以外のデバイスをすべて無効化します
  11. Everquest II ボイスチャット設定 1

    Everquest II ボイスチャット設定 1

    Everquest II を起動します
  12. キャラクター作成/選択 画面下の オプション をクリックします
  13. オプション画面左の ボイスチャット をクリックします
  14. ボイスチャット設定の ボイスチャットを利用する チェックオンにします
  15. Everquest II ボイスチャット設定 2

    Everquest II ボイスチャット設定 2

    入力機器(マイク)出力機器(スピーカー) を設定します
    • 選択肢が文字化けしていますが、手順8 ~ 10 で行った有効なデバイスのみが表示されますので、それを選択します
    • 文字化けした選択肢を選択した時点で設定画面に赤くエラーメッセージが表示されますが、ここでは気にしないで設定を行います
    • この文字化けとエラーメッセージに対する対応策は後述します

  16. Everquest II ボイスチャット設定 3

    Everquest II ボイスチャット設定 3

    入力機器(マイク)出力機器(スピーカー) の設定を行ったら、記録再生 ボタンをクリックして、テストできる事を確認します
    右の画像でわかるようにエラーメッセージが表示されていても設定が機能している事がわかります
  17. 文字化けとエラーメッセージ対応策を行うので、キャンセル ボタンをクリックして、オプション画面を閉じて、Everquest II を終了して、Windows に戻ります
  18. サウンド プロパティ 7

    サウンド プロパティ 7

    再び スタートメニューコントロールパネルサウンド でサウンドのプロパティを開きます
  19. 再生タブになっていなければ、再生タブをクリックします
  20. 有効化しているデバイスの上で右クリックし、プロパティ をクリックします
  21. サウンド プロパティ 8

    サウンド プロパティ 8

    スピーカーのプロパティ画面で スピーカー というマルチバイト文字を Speaker と適当な半角文字にし、入力し、OK ボタンをクリックします
    つまり、Everquest II のオプション画面で文字化けする原因はここで設定されているデバイス名がマルチバイト文字だという事です。まぁ、Everquest II クライアント側のバグですね
  22. サウンド プロパティ 9

    サウンド プロパティ 9

    マイクの設定も同様に適当に半角文字で Microphone と入力して OK ボタンをクリックします
  23. Everquest II ボイスチャット設定 4

    Everquest II ボイスチャット設定 4

    再び Everquest II を起動し、入力機器(マイク)出力機器(スピーカー) を設定し、エラーメッセージが表示されてない事が確認できました。あとはテストを行い OK ボタンをクリックして終了です
    設定作業自体はこれで終わりですが、ゲーム内で実際にギルドメイトや友人とギルドチャットやグループチャットで、自分の声や相手の声が聞こえるか、音量の調整などを行っておくとよいでしょう

  1. ここで述べる RAID とは、最大 24人でパーティを組み、専用のインスタンスゾーンの攻略しに行くことです
Everquest II, game, software, Windowsno commentsno trackbacks(3,375)
contents
most viewed (842124)
categories
archives
recent posts
recent updates
recent comments
  • 사이트상위노출 : Euro Truck Simulator 2 – VOCALOID TRAILER : 2015年05月17日(日)
  • ايفون 7 : Pear のセットアップとパッケージのインストール : 2007年12月23日(日)
  • dream : Need for Speed SHIFT 2 UNLEASHED: Car Skin: BMW Z4 GT3 Racing HATSUNE MIKU Packs : 2013年04月11日(木)
  • Pendaftaran Beasiswa Online : Firefox 3 : アドオン keyconfig によるショートカットキー割り当て : 2008年06月24日(火)
  • Alphaziel : PLEX PX-Q3PE (Spinel + BonCasLink + TVTest + TvRock) での録画PC 構築設定メモ : 2014年09月24日(水)
recent trackbacks
912T ASUSTeK blog CSS DARK SOULS Darksouls3 DARK SOULS 3 DarksoulsIII DARK SOULS III DISM Euro Truck Simulator 2 Everquest II firefox foobar2000 foo_custominfo game Install internet KB2990941 KB3087873 mod panels ui PCゲーム Pear PHP PX-Q3PE Raid skin SoftBank software SpeedFan Steam TPS trailer truck TvRock TVTest Windows Windows 7 Win Toolkit WordPress インストール ダークソウルズ 初音ミク 窓辺ななみ
mobile
qrcode:home
profile
曇り札幌市中央区 ‘ 曇り
気温: 10℃ ‘ 湿度: 66%
recommends
Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS X.X
RSS 2.0 RSS 0.92
RDF/RSS ATOM
get Firefox 2 get Opera
ie