今日もガクリ('A`)
きっと明日もまたガクリ?('A`)
2020 / 09
« «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 
foobar2000 : foo_custominfo データベースダイエット

普段はあまり気にしていなかったのですが、先日に foobar2000 本体やコンポーネントをアップデートした際に異様に起動が遅い…foobar2000 をインストールしたディレクトリを覗いてみると custominfo_sqlite.db のサイズが 6MB 超えている…

なんでだろうと思い、一旦 foobar2000 を終了し SQLite Database Browser にて custominfo_sqlite.db の中を見てみると、同じ曲の fieldname が PLAYED_TIMESTAMP のレコードがやたらとできてる…多分コレのせいでしょう…

Preferences › Playback Statistics Custom › Playback Statistics Custom Settings の Play Stamp をチェックしていると Playback Statistics Update Timing に合致する度にレコードが挿入されてしまう。要はコレは再生履歴なんですが、foobar2000 じゃこのデータを使う手段や使い道がないのでチェックオフにしておく

で、PLAYED_TIMESTAMP フィールドは UI の中でも使用していないので、このレコードを削除する事にします。SQLite Database Browser で行ってもいいんですが、PHP で以下のような簡易ダイエットスクリプトを作成して実行

  1. <?php
  2. $dbf = './custominfo_sqlite.db';
  3. $dbh = new PDO( 'sqlite:'.$dbf );
  4. $stmt = $dbh->query( 'DELETE FROM quicktag WHERE fieldname = "PLAYED_TIMESTAMP"' );
  5. echo 'row count: '.$stmt->rowCount()."\n";
  6. echo 'error code: '.$stmt->errorCode()."\n";
  7. $stmt = $dbh->query( 'VACUUM' );
  8. echo 'error code: '.$stmt->errorCode()."\n";
  9. ?>

上記スクリプトを実行する事によって、約 25000 レコードが削除され、6.02MB だったファイルが 1.19MB までに小さくなりました。小さくなった custominfo_sqlite.db を foobar2000 のディレクトリに戻し、起動…サックリ起動するようになりました

使用しているフィールド PLAY_COUNT, FIRST_PLAYED_TIMESTAMP, LAST_PLAYED_TIMESTAMP が UI 側で正常に表示される事を確認して終了です

参照

foobar2000, PHPno commentsno trackbacks(16,361)
foobar2000 データベースのバックアップとリストア

この記事は foo_custominfo で保存先を SQLite database に設定している事を対象としています。 foo_custominfo(foo_custominfo.dll) と Playback Statistics Custom(foo_playback_custom.dll) を 使っていると、データベースがだんだんと大きくなって、foobar2000 のバージョンアップや 音楽ファイルの移動などでデータベースのメインテナンスが必要となってきますが、 ここではそのデータベースの簡単な保守の方法をメモとして書いておきます

データベースのファイルは foobar2000 のディレクトリの中に custominfo_sqlite.db というファイルがあります。 これを別の場所等にコピーしてバックしておきます。で、このデータベースを操作する為に SQLite Database Browser なるものをダウンロード、解凍します。 SQLite Database Browser を実行して Open Database にて custominfo_sqlite.db を開きます

File メニューから Export > Table as CSV file を実行すると CSV 形式のテキストファイルが生成されるので、 テキストエディタを使用して編集し、同じ様に File メニューから Import > Table from CSV file を 実行するとデータベースに反映されます

custominfo_sqlite.db を定期的にバックアップを取っておけば、大量の音楽ファイルの移動や foobar2000 設定構築の際に Export した CSV ファイルを編集、Import を行えば、レイティング、再生回数などの情報が引き継げます

foobar2000no commentsno trackbacks(8,765)
contents
most viewed (960632)
categories
archives
recent posts
recent updates
recent comments
recent trackbacks
912T ASUSTeK blog CSS DARK SOULS DARK SOULS 3 Darksouls3 DARK SOULS III DarksoulsIII DISM Euro Truck Simulator 2 Everquest II firefox foobar2000 foo_custominfo game Install internet KB2990941 KB3087873 mod panels ui PCゲーム Pear PHP PX-Q3PE Raid skin SoftBank software SpeedFan Steam TPS trailer truck TvRock TVTest Windows Windows 7 Win Toolkit WordPress インストール ダークソウルズ 初音ミク 窓辺ななみ
mobile
qrcode:home
profile
曇り札幌市中央区 ‘ 曇り
気温: 10℃ ‘ 湿度: 66%
recommends
Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS X.X
RSS 2.0 RSS 0.92
RDF/RSS ATOM
get Firefox 2 get Opera
ie